データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン・秋山、走者一掃の同点適時二塁打 MLBオールスター・サンタナの3ラン帳消しに

2018/11/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



<2018日米野球・第1戦>
侍ジャパン―MLBオールスターチーム(9日・東京ドーム)
 
 MLBオールスターは1-1の同点で迎えた5回表、指名打者のリース・ホスキンス外野手、アーメッド・ロザリオ内野手の連打で無死一、二塁のチャンスをつくった。ウィット・メリフィールド内野手は三振に取られが、ここで球数制限に達した侍ジャパン先発・岸孝之投手が降板。
 
 そして、カルロス・サンタナ内野手が2番手・成田翔投手の立ち上がりを捉えた。2球目の直球を捉えると、鋭い打球は左翼スタンドへ突き刺さる3ラン本塁打。スコアを4-1とし、勝ち越しに成功した。
 
 しかし、侍ジャパンがすぐさま反撃。5回裏、甲斐拓也捕手、山田哲人内野手の安打、菊池涼介内野手が四球を選び、1死満塁の絶好機を迎えた。続く秋山翔吾外野手が2番手マット・アンドリース投手から左翼へ走者一掃の二塁打を放ち、同点に追いついた。4番・山川穂高内野手は右飛に倒れたが、次の柳田悠岐外野手は申告敬遠され、2死一、二塁とチャンスは続いた。だが、岡本和真内野手が空振り三振に倒れた。
 
 試合は5回を終え、4-4の同点となっている。