データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン、先制許すも直後に同点 好守光る田中広が二塁打でチャンス演出

2018/11/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



<2018日米野球・第1戦>
侍ジャパン―MLBオールスターチーム(9日・東京ドーム)
 
 侍ジャパンは先制を許した直後の3回裏、先頭の甲斐拓也捕手が先発ジュニア・ゲラ投手から左前打を放って出塁。すると、序盤から好守が光る9番・田中広輔内野手が左翼への二塁打でチャンスをつくった。1死二、三塁から菊池涼介内野手の遊ゴロの間に甲斐が本塁へ生還。同点に追いついた。
 
 ゲラの動く球に2回まで無安打と苦戦していた侍ジャパンだが、試合をすぐさま振り出しに戻した。4回途中、1-1の同点となっている。