データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】侍ジャパン、MLBオールスターに先制許す 先発・岸、8番ロザリオにソロを被弾

2018/11/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



<2018日米野球・第1戦>
侍ジャパン―MLBオールスターチーム(9日・東京ドーム)
 
 侍ジャパンは初選出の岸孝之投手が先発。初回、先頭カルロス・サンタナ内野手を一ゴロに打ち取ると、ヤディアー・モリーナ捕手を空振り三振。ロナルド・アクーニャJr.外野手の中前へ抜けそうな当たりは田中広輔内野手の好守で遊ゴロとし、三者凡退のスタートを切った。
 
 その裏、侍ジャパンは2死から3番・秋山翔吾内野手が相手先発ジュニア・ゲラ投手から四球を選んで出塁。しかし、後続が倒れ得点にはつながらなかった。
 
 2回は両チーム無得点で終えたが、3回表にMLBオールスターが先制。この回先頭の8番アーメッド・ロザリオ内野手が3球目のチェンジアップを捉え、左翼スタンドに運んだ。
 
 試合は3回途中、MLBオールスターが1-0とリードしている。