データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】第1戦のスタメンが発表! 甲斐VSモリーナの強肩対決は必見、巨人・岡本は「6番・三塁」で出場

2018/11/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 「2018日米野球」第1戦が9日、東京ドームで行われる。試合に先立ちスターティングメンバ―が発表された。
 
 MLBオールスターはミルウォーキー・ブリュワーズのジュニア・ゲラ投手、日本代表「侍ジャパン」は東北楽天ゴールデンイーグルスの岸孝之投手が先発登板する。
 
 侍ジャパンは、稲葉篤紀監督が前日の会見で注目選手に挙げた福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手が先発出場。対するMLBオールスターチームは、前日のエキシビションゲームで指名打者に入ったヤディアー・モリーナ捕手がスタメンマスクをかぶる。“甲斐キャノン”の異名をとる日本屈指の捕手と、“世界最強”とされるメジャーの扇の要の「強肩対決」は必見。
 
 侍ジャパンの期待の若手、岡本和真内野手は「6番・三塁」に名を連ね、MLBオールスターの新星フアン・ソト外野手との競演にも注目だ。
 
 両チームのスターティングメンバ―は次の通り。
 
<侍ジャパン>
1番(指)山田哲人
2番(二)菊池涼介
3番(右)秋山翔吾
4番(一)山川穂高
5番(中)柳田悠岐
6番(三)岡本和真
7番(左)田中和基
8番(捕)甲斐拓也
9番(遊)田中広輔
(投)岸孝之
 
 
<MLBオールスター>
1番(一)カルロス・サンタナ
2番(捕)ヤディアー・モリーナ
3番(中)ロナルド・アクーニャJr.
4番(右)ミッチ・ハニガー
5番(左)フアン・ソト
6番(三)エウヘニオ・スアレス
7番(指)リース・ホスキンス
8番(遊)アーメッド・ロザリオ
9番(二)ウィット・メリフィールド
(投)ジュニア・ゲラ