データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日米野球】リアルミュート、ソロ含む2安打2打点の活躍! お立ち台初体験に笑顔、米で移籍希望報道も「いまは野球を楽しみたい」

2018/11/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 MLBオールスターチームと読売ジャイアンツとの「2018日米野球エキシビションゲーム」が8日、東京ドームで行われた。MLBオールスターが9-6で巨人に快勝。先発マスクをかぶったJ.T.リアルミュート捕手(マーリンズ)はチーム1号となるソロ本塁打を含む4打数2安打2打点の活躍を見せた。
 
 リアルミュートは4-0の3回表、2死一、二塁で巨人先発・高田萌生投手からリードを広げる適時二塁打。さらに5回表には2番手・大江竜聖投手の初球を右翼スタンドに運び、MLBオールスターチームとして1本目の本塁打を記録した。
 
 ヒーローインタビューでは、「日本に来られて幸せ。日本のみんなが野球が好きなことが分かった」と笑みを浮かべた。初体験となったお立ち台に「初日の今日だけじゃなくあと何回でもここに立ちたい」と侍ジャパンとの試合でも活躍を誓った。
 
 米国でトレード移籍を希望しているとも報じられているリアルミュート。しかし、試合後の記者会見では「日本に来ている間はできるだけ考えないようにしている」と話し、「今は野球をすることを楽しみたいし、家族と一緒に日本を楽しみたいと思っている」と胸中を語った。
 
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部