データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトバンク・内川、2年連続日本一への執念 移籍後初バント「チームのために必要なこと」

2018/11/02

text By

タグ: , , , , , ,



 
 福岡ソフトバンクホークスは1日、広島東洋カープとの「SMBC日本シリーズ2018」第5戦(ヤフオクドーム)に延長10回の末、5-4でサヨナラ勝利。2年連続の日本一まであと1勝とした。
 
 星を一つ先行し、2勝1敗1分で迎えた第5戦。ソフトバンク・工藤公康監督は短期決戦ならではの采配をいくつも仕掛けた。その一つが4回、内川聖一内野手への犠打の指示だ。
 
 1点リードの4回無死一、二塁。打席に入る前に指揮官に呼ばれた内川は「当然そうだと思った」と采配を受け入れた。そして、2球目をきっちりピッチャー前に転がした。2011年にソフトバンク移籍して以来、初めての犠打。「チームにとって必要なことがバントだった。割り切ってるとこもあった。落ち着いてできた」と振り返る。後続が倒れて得点にはつながらなかったが、チームの一員としての役割を果たした主将の笑顔は、ナインを鼓舞した。
 
 1点を争い、延長戦にもつれ込んだ試合は10回裏、柳田悠岐外野手のサヨナラ本塁打で決着がついた。およそ4時間半に及ぶ一戦で工藤采配が実った。内川は「みんな行けと言われたところで一生懸命やってる。何とか頑張ろうとする姿がチームが一つになる要因」と一丸となったソフトバンクの強さを語る。さらに「最後に柳田あそこで打ってくれたからこそ、みんなで喜びあえる。救われるところもいっぱいある」と感謝を口にした。
 
 3日は敵地・広島で第6戦を迎える。内川は「ホームの有利な状況で勝って広島に行きたいとチーム全員が思ってたこと。このいいものをチームとして広島に持っていって後一つ全力で勝ちたい」と力強く語る。ソフトバンクは3勝1敗1分と日本一に王手をかけ、敵地へ乗り込む。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部