データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人、上原の自由契約を発表 10年ぶり古巣復帰で“トリプル100”達成もシーズン後に左ひざを手術

2018/10/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 読売ジャイアンツは29日、上原浩治投手を自由契約にしたと発表した。
 
 今季、10年ぶりにメジャーから古巣・巨人に復帰した上原。11年ぶりのオールスターゲーム出場や日本人史上初の「トリプル100(100勝100セーブ100ホールド)」を達成するなど、ベテランの存在感を示した。だが、左ひざの痛みなどもあり、登板数は36試合にとどまった。今季は0勝5敗、防御率3.63の成績だった。シーズン終了後の10月23日には左ひざのクリーニング手術を行った。
 
 現在、巨人が来季契約を結ぶ権利を持っているが、自由契約になれば他球団との契約交渉も可能となる。
 
 上原は1998年ドラフト1位で巨人に入団し、1年目の1999年に20勝を挙げて新人王を獲得。2009年のメジャー移籍までに最多勝、最優秀防御率、沢村賞をいずれも2度受賞した。メジャーでは、ボルティモア・オリオールズ、ボストン・レッドソックスなど4球団で計9年間プレーし、2018年に日本球界に復帰した。