データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ソフトB工藤監督「明日に必ずつながる」 4時間半超え12回死闘も日本S初戦32年ぶりドロー

2018/10/28

text By

タグ: , , , , , , ,



 
 SMBC日本シリーズ2018が27日、マツダスタジアムで開幕。福岡ソフトバンクホークスは広島東洋カープとの初戦で延長12回を戦い抜き、2-2の引き分けとなった。
 
 ソフトバンクは2点差を追う5回に、無死一、三塁のチャンスを作る。後続の西田哲朗内野手と甲斐拓也捕手が内野ゴロで倒れるも、2死二、三塁のチャンスで千賀滉大投手に代わり、代打アルフレド・デスパイネ外野手が送られた。
 
 デスパイネの打球はあらかじめ深い守備位置の菊池涼介内野手が追いつき、送球するもこれがツーバウンドとなり一塁の松山竜平外野手が後逸。内野安打に敵失が絡み、同点に追いついた。
 
 その後、試合は両者互いに譲らず、延長12回を終え2-2の引き分け、試合時間は4時間40分を超えた。日本シリーズ初戦での引き分けは1986年の広島―西武ライオンズ戦以来となる、32年ぶり3度目であった。
 
 5回無死一、三塁の場面で三塁走者だった中村晃外野手は、挟殺プレーとなった走塁について「ゴロゴーの指示も出ていて、あの形(二、三塁)になればいいと思っていた」とコメント。結果的には走者が粘って二、三塁の状況を作り続けたことでデスパイネの同点打に繋がった。
 
 工藤公康監督は試合後のインタビューで「この引き分けは本当に大きい。明日に必ずつながる引き分けだったと思います」と前向きなコメントをした。
 
取材・氏原英明、文・ベースボールチャンネル編集部