データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人に勝機はあるのか、今季17敗の広島に下克上へ…カギは左腕起用法【セCSファイナル展望】

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが17日、セ・パ両リーグで開幕する。セ・リーグは、3位・読売ジャイアンツが3連覇を果たした広島東洋カープに挑む。日本シリーズに駒を進めるのはどちらか。

2018/10/17

text By

タグ: , , , ,



シーズン成績は大差で広島に軍配

 連勝でCSファーストステージを勝ち上がった巨人がマツダスタジアムへ乗り込んで、リーグ王者の広島に挑む。
 
 両者の対戦成績は広島の17勝7敗1分と大きな差がある。これだけ差があって、CSファイナルの価値があるのかという声も聞こえてきそうなところだ。だが、その声をさえぎる存在が菅野智之だ。ファーストステージでは、史上初のノーヒット・ノーラン達成。その偉業に対するリスペクトは誰もが抱いているだろう。
 
 しかし、シーズン中の勝敗差は埋められるのか。
 
 昨季CSファイナルにおいて、広島は横浜DeNAベイスターズ相手に苦渋を味わった。その記憶があるため、広島が今年も敗れるのではないかと予想もあるかもしれない。だが、昨季CSファイナルの結果は決して偶然の産物ではない。
 
 昨季のDeNAは、対戦成績で広島を上回っていた。さらに広島は4番・鈴木誠也がけがで離脱。左偏重打線になったことで丸佳浩へ負担がかかり、DeNAの左腕3人衆、濱口遥大、今永昇太、石田健大に有利に働いた。加えて、クローザー・山崎康晃はマツダスタジアムを得意としているなどのさまざまな要因が重なった。
 
 下馬評をひっくり返すには、いくつもの要素が必要なのだ。
 
 では、巨人が勝つ要素とは。
 
 まず、ファーストステージを連勝で勝ち上がった勢い。これは大切に使いたい。次に菅野先発までをどういう勝敗で持ち込むかだ。対広島の成績で有効なのは菅野だが、もう一人挙げるすれば、今村信貴だ。広島戦は4試合登板して2勝。防御率は高いが、マツダスタジアムでも勝っている。この2人の登板までに1勝2敗で回せば勝機は見えてくる。
 
 菅野は3戦目に先発するという情報だから、1戦目、2戦目のどちらかを勝てばいい。
 
 そこで鍵を握るのがサウスポーだ。

1 2