データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



松沼博久・雅之、ドラフト外の肖像#6 運も実力のうち――プロで生き残るために必要な資質

日本プロ野球では1965年にドラフト制度導入後も、ドラフト会議で指名されなかった選手を対象にスカウトなどの球団関係者が対象選手と直接交渉して入団させる「ドラフト外入団」が認められていた。本連載ではそんな「ドラフト外」でプロに入団した選手1人の野球人生をクローズアップする。

2018/10/19

text By

タグ: , , , ,



広岡監督の指導で復活を遂げた博久

 ライオンズでまず結果を残したのは、兄の博久である。
 
「ブルペンでピッチングしても、凄いなというピッチャーはいなかった。同期の(ドラフト2位の)柴田(保光)は速かったけど、凄いという感じじゃない。東尾(修)さんは貫禄はあるけど、ボールは遅い。コントロールは別格だったけどね。自分は27(歳)になる年に入っているから、1年目から試合に出られないとこのまま終わってしまうというのがあった。根本さんから手伝ってくれと言われたのもあるし、試合に出られるんだろうなと思っていた。30試合に投げさせてくれるならば10勝ぐらいはするでしょうって」
 
 1年目、博久は10勝どころか、16勝10敗を挙げている。チーム最多勝で新人王を獲得した。なんでそんなに勝ったのか分からないんだよね、と博久は冗談めかして言った。
 
「たぶん相手の(ローテーションの)谷間に投げていたからかな。(近鉄バファローズの)鈴木啓示さんとか(阪急ブレーブスの)山田(久志)さんとかと投げ合っていないんだもの。俺が投げたとき、打線が元気だった。逆に(同期でドラフト1位の)森繁和が投げたときは、打線が沈黙してエラーが出るパターン」
 
 2年目は9勝14敗と負けが先行した。1年目の疲労が知らず知らずのうちに躯に蓄積、相手から配球を研究されたからだと博久は振り返る。
 
「もう、球場に行くのが嫌だったもんね」
 
 3年目は、5勝13敗とさらに成績は落ち込んだ。チームの成績も、入団から3年間は最下位、4位、4位と振るわなかった。そして81年終了後、根本が管理部長としてフロント入りし、広岡達朗が監督となった。
 
「広岡さんになって合同自主トレの初日、肩が痛くて投げられませんって言いに行ったんです。そうしたら〝お兄ちゃんの投げ方は肩を痛めるから、変えなきゃ駄目だ〟って」
 
 広岡が博久を救うことになった。
 
「広岡さん、野手出身なんですけれど、形態模写がすごく上手い。手首のスナップの使い方がうごく柔らかいんです」
 
 広岡は「こう投げるんだ」と滑らかな下手投げをやって見せた。
 
「シューッと(滑らかに)ボールが行くんですよ。ぼくは力任せに投げるから、シューッといかない。立ち投げから姿勢を良くして、シュッと投げるというイメージだと言われました」
 
 フォームだけでなく、肩が痛くならないストレッチも教えた。現役引退後、広岡はアメリカに渡り、最新のトレーニング理論を学んでいた。
 
「キャンプが本格的に始まったら、毎日投げさせられるので、指は豆だらけ。広岡さんはずっとブルペンにいて、ぼくのことを見ているんですよ。夜間練習になって、みんなバット振っている中、広岡さんはずっとぼくのところにいる」
 
 なぜこんなに自分だけ熱心に教えてくれるのだろうと思った程だった。新人王を獲得した後、成績が低迷している博久を復活させることがチーム浮上の鍵だと広岡は考えていたのかもしれない。
 
「広岡さんから教わったフォームで投げると肩の痛みが出ない。力まなくてもシュッというボールが行く。これはなんとか物にしたいと思うじゃないですか。足、指に豆が出来ても、とにかくやれることはやろう。そのときは俺も一生懸命やったんだよ」 
 

1 2 3