データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



元中日のナニータが母国ドミニカ共和国で重傷 試合中にフェンスに激突し右腕の数カ所骨折

2018/08/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ドミニカ共和国から心配なニュースが届いた。2015年から2シーズンに渡り中日ドラゴンズでプレーしたリカルド・ナニータ外野手が26日(日本時間27日)、母国ドミニカ共和国での試合中に大ケガを負ったということだ。
 
 グランヘロス・デ・モカの一員として、ドミニカ・シバオ地域のサマーリーグのファイナルシリーズに出場していたナニータは、外野フライを追う際にフェンスに激突し、右腕を複数カ所骨折した。
 
 グラウンドに救急車が到着し、ナニータはそのまま首都サントドミンゴへと搬送された。現地ジャーナリスト、ジュニオール・フェルナンデス氏のツイートによると、ナニータは月曜日に同地で手術を行うということだ。また、ドミニカ共和国野球連盟(FEDOBE)も救急車へと移されるナニータの痛々しい姿をツイッター上にアップしている。
 
 2013年に開催された第3回ワールドベースボール・クラシックの優勝メンバーでもあるナニータは、2015、2016の2シーズン中日でプレー。シュアな打撃と陽気な人柄で人気を集めた。今季はメキシコのゲレーロス・デ・オアハカで4試合プレーしたのみで、10月に開幕するドミニカのウインターリーグでは、アギラス・シバエーニャスでプレーする予定であった。ナニータは現在37歳。年齢的にも、彼のキャリアを大きく左右するケガであろう。一刻も早い回復を多くのファンが願っている。

1 2