データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



巨人ファンが語る「経験とスピードと若さがしのぎを削る1番打者争い」とは?

巨人がついに借金を完済した。投打が噛みあわず開幕から波に乗れなかったチームが15日のDeNA戦に勝利し、4連勝で3位に浮上。そして「4番坂本」が誕生したことにより、新たな「1番打者争い」が加わった。

2015/04/17

text By

タグ: , , , , ,



「新しい1番打者」は誰に?

そして、忘れちゃいけないのが片岡治大。
16日、通算300盗塁を達成、背番号8は近年にないハイペースで盗塁を重ねている。
現在セリーグ2位の5盗塁、チーム2位の2本塁打と原監督好みの「スピードだけじゃなく小力を持っている」二塁手。
西武時代後半は2年連続の一桁盗塁に終わったものの、昨季はチームトップの24盗塁と復活。
今はチーム事情で2番打者として出場しているが、実績を考えたら1番打者の最適任者と言っても過言ではない。

さらに若手からもう1人。ファームでアピールを続けるこの選手の名前も挙げておきたい。
立岡宗一郎、24歳。
規格外の身体能力を持つ男として注目されていたが、昨季2軍で9度の盗塁失敗を記録したりとプレーの粗さも目立った。
それが、今季はトップバッターとして定着すると、ここまでイースタントップタイの7盗塁を記録。
俊足タイプの外野手で、橋本とは同い年。
大田泰示も含めた90年生まれ同士でしのぎを削る外野争奪戦に勝利すれば、東京ドームでの「1番立岡」も現実味を帯びてくるだろう。

経験の金城か?
スピードの片岡か?
若さとパワーの橋本か?
それとも立岡の大抜擢か?

これまで原体制では1番を務めることが多かった坂本の4番起用は、同時にトップバッター争いの始まりを意味する。
2015年、坂本でも長野でもない「新しい1番打者」が巨人に誕生しようとしている。

See you baseball channel……

ベースボールチャンネルのフェイスブックはこちら→
ベースボールチャンネルのツイッターはこちら→

1 2