データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



藤浪晋太郎、完全復活なるか? 野村克也氏が指導者へ伝えたい「人を見て法を説く」ことの大切さ

交流戦も終わると、いよいよ大事な夏を迎える。 阪神が一気に浮上する上で、先日、約1年ぶりの勝利をあげた藤浪晋太郎の完全復活は欠かせない要素だ。 かつて阪神の監督を務めた野球評論家の野村克也氏に、「本来持っているはずの実力を発揮できないでいる選手を再びよみがえらせる方法」を伺った。

2018/06/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



言葉の持つ意味や重要性を、指導者は知っておくべし

 プロ野球選手は、野球界のエリート、つまり天才である。小学生の頃からちやほやされて育ち、高校生になって甲子園で活躍しようものなら、周囲にいる人間の甘やかしぶりにますます拍車がかかる。本人だって当然、「オレは天才だ」などと勘違いしてしまう。
 
 だが、そのような選手がドラフトで指名されてプロに入った途端、あまりのレベルの高さに「オレはなんて場違いなところに来てしまったんだ」と唖然としてしまう。
 
 それまでとくに努力らしい努力をしなくても、バッターを三振に抑えたり、あるいは容易にヒットを打てた選手であっても、己の力がまったく通用しない。
 
 だが、私に言わせればこんなことは当たり前のことだ。プロ野球は言ってみれば、「野球の天才の集まり」である。どの選手も「天才」と言われ、アマチュア球界で実績を残してきたからこそ、プロの世界に入ることができた。だからこそ野球選手は「プロに入ってからが勝負」となる。
 
 このとき指導者ができることとは何か。それは「正しいことを説き、正しい方向にその選手を導く」こと以外にない。
 
 若いときから野球一筋の人生を送ってきたプロ野球選手は、職人気質なタイプが多い。
 
 そこで現役を引退し、コーチとなって選手を指導する立場になったとき、アドバイスするとしたら、
「トップの形ができていない」
「バットが下から出ている」
「バットのヘッドが下がっている」
「軸足に体重が乗っていない」
「ステップしたほうの肩が開いている」
 
 せいぜいこの程度の言葉しか出てこない。だが、選手の側からしたら、「そんなことくらい、わかっていますよ」となる。
 
 つまり、「どうすれば課題が解消できるか、そのアドバイスを求めている」からこそ、コーチの意見に耳を傾けたいわけだ。この場合でいえば、
 
「オレが現役のときは、こういうときにはこう対応して乗り越えた。だから一度やってみたらどうか」
 
 と具体的なアドバイスができるようでなくてはいけない。そのためには、現役時代からしっかり考え、悩み、苦しみ、乗り越える術を身につけておくべきだ。またそれが、将来自分が指導者になったときに必ず活きる。
 
 これは何も野球に限った話ではない。どんな職業においても、いいものをつくる、いい結果を出すためには、自分が得た経験がベースとなってくる。
 
 この部下はどうやったら成長するのか。そのためには適材適所を見つけてあげ、壁にぶつかりでもしたら、指導者が自身の経験を元にアドバイスを送る。
 
 当然、自分の経験を披瀝するだけして、「だからお前もやってみろ!」と頭ごなしに怒鳴るだけでは、部下は絶対についてこない。若い人と指導者とでは、感性や感じ方が異なるので、「オレが若いときは……」などという話は通用しない。
 
 その点は指導者が絶対に心得ておくべきツボである。
 

1 2 3