データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西武、開幕8連勝生んだ隠れた好プレー。記憶に残る秋山の“一打”

 埼玉西武ライオンズが27年ぶりの開幕8連勝を果たした。課題となっていた投手陣が粘り、強力打線は好機を逃さない。チームが好調を維持する中で多くの好プレーが生まれるが、今回はあまり注目されない“1本”を取り上げたい。

2018/04/09

text By

タグ: , , , ,



27年ぶりの開幕8連勝、記憶に残る“陰”の一打

 開幕から無傷の8連勝。西武の勢いが止まらない。
  
 先発投手がクオリティ・スタート(QS)をキープして、救援陣がしっかりと締める。打線も一発に頼るのではなく、ここ一番のつながりと走塁を生かして効率良く得点を挙げていく。投打がかみ合っている印象だ。
  
 試合をつくった先発陣、火消しとなったクローザー、本塁打、決勝タイムリー……。この8連勝のヒーローを数え上げたらきりがない。しかし、「あのプレーがなかったら」ともっと記憶に残っている一打がある。
 
 6日の対オリックス戦の5回裏、秋山翔吾が放った右翼前安打だ。
 
 ぱっと思い出せた人がいたなら、相当な野球通だろう。それくらい渋い一打だった。
 
 その試合は、開幕投手同士が先発し緊迫した投手戦を展開した。西武・菊池雄星は、前回登板から改善点は見られたものの、本調子からは程遠いピッチング。一方、オリックスの先発・西勇輝は変化球をコーナーに決める巧みなピッチングでリズムをつくった。
 
 そんな西から4回裏、浅村が先制ソロ本塁打を右翼スタンドに放り込み、試合が動き始める。
 
 5回表、流れを引き寄せたい西武だったが、菊池の制球が安定せず、この1点をすぐにフイにしてしまう。
 
 先頭の小谷野を四球で歩かせると、マレーロに左中間を破られて無死二三塁のピンチ。1点を諦めるピッチングに切り替え最少失点に抑えたが、浅村の先制弾でつくった流れを相手に譲ってしまいかねなかった。
 
 5回裏は先頭の8番・炭谷銀仁朗、9番・金子侑司があっさり抑えられて2死。そこで迎えたのが秋山だった。秋山も西のリズムのいい投球で簡単に2ストライクを取られたのだったが、ここからが見事だった。

1 2