データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドラ4菅野、前へ。ドラフト指名漏れから2年「遠回りではなく貴重な時間だったと証明する」【マリーンズキャンプ通信2018#4】

2015年ドラフト会議から2年――辛い経験を糧に社会人野球でさらに成長し、2017年マリーンズドラフト4位で入団した菅野剛士。明大時代のチームメートたちと、ようやく同じスタートラインに立った。

2018/02/15

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , ,



2015年ドラフト会議では指名されず

 肩を2、3度叩かれ、その場から立ち去った。2015年のドラフト会議の日。菅野剛士外野手は頭の中が真っ白になっていたことだけは記憶している。ただ、その後、なにをしていたか、なにを考えていたかはあまりはっきりと覚えていない。それほど悔しく、恥ずかしくもあり、切ない事だった。
 
「タイガースに入団をした高山と坂本。そしてファイターズに入った上原。そして自分で記者会見場にいた。指名がないと分かった時はみんなには申し訳ないけど、その場にはいたくないという気持ちだった」
 
 明治大学野球部の寮の一室に用意されていた会見場には沢山、報道陣が駆け付けていた。壇上に上がっていた4人の中で一人、指名を受けることもなくポツリと取り残された。カメラのフラッシュは菅野以外のところに向けられていた。その後、室内練習場に場所を移して行われた仲間たちの胴上げ。笑顔があふれるその場に一人、参加できない自分がいた。どこに立ち去り、なにをしていたかもはっきりとは覚えていない。そんな時間が過ぎた。
 
 ただ、翌日には気持ちを切り替えて練習に参加をした。キャッチボールをしている時に呼ばれて社会人チームの名門・日立製作所から誘いがあることを聞かされた。進路が決まってからは早かった。社会人で結果を出して、プロを目指す。そう決めた。
 
 ドラフトの数日後に行われた東京六大学・法政大学戦でも大きな記録を打ち立てている。1打席目に右中間を割る二塁打で通算28二塁打。リーグ二塁打記録を塗り替えた。それでも「高山の安打記録の前には影が薄かった」と本人が振り返るように目立っていたのはチームメートでタイガースにドラフト1位入団した高山俊外野手のリーグ通算最多安打記録だった。

1 2