データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【春季キャンプ見どころ・日本ハム】懸念は投手陣…次のエース候補、クローザーとなるのは誰?

2月1日からプロ野球の春季キャンプが一斉にスタートする。大物ルーキー、新外国人、フリーエージェント(FA)移籍など新加入の選手に注目が集まるが、それぞれのチームがシーズンを勝ち抜くためのポイントはどこか。

2018/01/31

text By

タグ: , , , ,



クローザーの穴を埋める投手は?

 北海道日本ハムファイターズは、大谷翔平(エンゼルス)、増井浩俊(オリックス)、大野奨太(中日)が移籍した。
 
 戦力ダウンは否めないが、球団は彼らの移籍を想定したチームづくりをしてきている。周囲が心配するほど、大きな不安要素にはなっていないはずだ。昨季はチームが低迷する中、たくさんの若手が出場機会を得た。若手とけがからの復帰組がどう組みあうかだ。
 
 野手の方は、それなりに粒がそろっている。大谷ほどの逸材はいないものの、西川遥輝、近藤健介といったチャンスメーカー、つなぎの役割のできる中島卓也、松本剛がおり、中田翔、レアード、大田泰示ら還すバッターもいる。大野が抜けた捕手陣も、若い清水優心を軸としながらベテラン捕手も補充している。
 
 懸案事項は投手陣。特にクローザー探しはこのキャンプの課題になるだろう。
 
 増井のほか、昨シーズン中に谷元圭介が中日に移籍、クリス・マーティンも米球界に復帰した。救援陣で計算できるのは左腕の宮西尚生、鍵谷陽平といるが、クローザータイプではない。
 
 球質で勝負できるタイプとしては新外国人のマイケル・トンキン、性格がクローザー向きの白村明弘、昨季、先発・中継ぎと活躍した石川直也あたりだろうか。さらには、ドラフト2位の西村天裕は154キロのストレートを持つ剛球投手。クローザー候補になりうる素材だ。キャンプ・オープン戦を経て、どのような順列になるのか、注目したい。

スポンサードリンク

1 2