データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【春季キャンプ見どころ・オリックス】右腕偏重の投手陣、期待のドラ1左腕。不在の1、2番打者は見つかるか

2月1日からプロ野球の春季キャンプが一斉にスタートする。大物ルーキー、新外国人、フリーエージェント(FA)移籍など新加入の選手に注目が集まるが、それぞれのチームがシーズンを勝ち抜くためにポイントはどこか。

2018/01/31

text By

タグ: , , , ,



期待のドラ1、右腕偏重は解消されるか

 評論家から「この順位にいる理由が分からない」と毎年、揶揄されているのがオリックス・バファローズだ。
 
 エース金子千尋、2年目になる山岡泰輔が君臨し、復帰が期待される西勇輝、ディクソンと先発4枚は決まっている。救援陣もメジャー移籍した平野佳寿の穴を、フリーエージェント(FA)ので獲得した増井浩俊が埋める。さらに近藤大亮、昨季オールスターに出場した黒木優太など人材は豊富だ。打線も、T-岡田、吉田正尚、安達了一の生え抜き組、ロメロ、マレーロの優良助っ人、小谷野栄一、中島宏之ら補強組と厚みがある。
 
 そんなチームのキャンプでの争点は左腕投手になる。
 
 ドラフト1位で獲得した田嶋大樹は即戦力左腕として活躍が期待される。前年の山岡クラスの期待を受けるが、ゲームメーク能力に長けているだけに期待していいだろう。先発・中継ぎも含めて右腕偏重になっているチーム事情だ。左腕の軸になる投手の台頭が待たれる。
 
 田嶋の加入で刺激を受ける左腕も多いはずだ。西武に強い松葉貴大、山崎福也のドラ1左腕に加え、伸び悩む8年目の山田修義などだ。パ・リーグには左の好打者が多いだけに、彼らの台頭がシーズンのポイントになるだろう。金子千、山岡、ディクソン、西のローテーションの中に2枚の左が入るだけで、チーム力は一気に変わる。

1 2