データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





大谷翔平、正式にポスティング申請 ヤ軍GMは5年間追っていたとラブコール

2017/12/02

text By

タグ: , , , , ,



 北海道日本ハムファイターズは2日にポスティングシステムを利用して、メジャーリーグ移籍を希望する大谷翔平投手の申請手続きを行なったことを発表した。また、1日(日本時間2日)には来季から3年間適用される新ポスティングシステムの内容も発表された。
 
 遂に大谷の争奪戦がスタートする。日本ハムはこの日、大谷の申請手続きを行なったことを正式発表。さらに大谷はすでに渡米済み。MLBの各球団が絶え間なくラブコールを送っている。
 
 また、この日発表された来季からのポスティングシステムでは、譲渡金が選手の年俸総額によって決まる方式を採用。ゆえに今季は旧ポスティングシステムを採用して、大谷そして西武の牧田和久投手はMLB入りを目指す。
 
 大谷獲得の有力候補とされるヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMはこの日に記者からのインタビューに答え大谷を改めて絶賛。「とてもダイナミックでユニークな選手。素晴らしい才能の持ち主だ」と褒め称え、「ヤンキースは2012年からスカウティングしていた」と答えた。
 
 果たして大谷はどこの球団で来季プレーするのだろうか。過去に数多くの日本人選手が在籍したヤンキースは5年間の努力が実るのだろうか。大谷の一挙手一投足に注目が集まっている。

スポンサードリンク