データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





日本ハム・大谷、球団がメジャー挑戦を正式表明 ポスティング移籍を容認

2017/11/10

text By

タグ: , , , , , ,



 北海道日本ハムファイターズは10日、大谷翔平投手のポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍を正式に表明し、日本ハムの竹田憲宗社長と栗山英樹監督が同日、東京都内のホテルで会見した。
 
 竹田社長は「来シーズンからMLBに活躍の場を移したい、メジャーで世界一になるという夢の実現に挑戦したいと話しており、ポスティングシステムを利用したメジャー挑戦を承諾した。ファイターズだけではなく、日本の宝として、代表として夢の実現に一歩踏み出すために背中を押してあげるのが球団の方針です」と話し、栗山英樹監督は「翔平とはいろんな話をした。本人の思いを球団全員で受け止め、大谷翔平の夢を果たすということ。世界一の選手になると信じている」と語った。
 
 また、大谷と会談した竹田社長は「世界に向けて羽ばたくぞという意気込みが感じられた」と話しており、栗山監督も「僕は翔平と接することが多かった。本当に彼のためにしてあげられたのかな。本人がみんなに感謝しているということが伝わってきた。ほっとした」と話した。
 
 日米間で改定が協議されていたポスティングシステムについては、1年間は旧制度を維持することで大筋合意した模様で、大谷は移籍交渉を担当する代理人事務所を米大手「クリエーティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)」に決め、準備を進めている。
 
 メジャーリーグ選手会は選手と球団の得る金額に開きが出ることから、今回の案には反対の立場をとっているが、選手会の承認があれば晴れてポスティングシステムを用いたメジャー挑戦が可能となる。
 
 大谷のメジャー挑戦は、昨オフの契約更改交渉で球団が容認。今季はけがを抱えながらプレーし、成績は投手として5試合に登板し、3勝2敗、防御率3.20、野手として65試合に出場し、打率.332、67安打、8本塁打、31打点だった。

スポンサードリンク