データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【日本S第1戦採点】ソフトバンク・工藤監督、積極采配で圧倒。DeNAは先発起用が裏目に

日本シリーズ第1戦は、福岡ソフトバンクホークスが10-1で横浜DeNAベイスターズに圧勝した。緊張の初戦、両チームのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2017/10/29

text By

タグ: , , , , , ,



ソフトバンク・千賀、初戦先発の役割果たす

 ソフトバンクは1回裏、柳田の中前安打と犠打で1死二塁の好機をつかむと、3番・デスパイネが左翼適時二塁打で1点を先制。2回裏には先頭の松田が安打で出塁すると、7番・長谷川がバックスクリーン右に2点本塁打を放ち3-0。
 
 5回表に、DeNAに1点を返されるも、その裏、先頭の今宮が四球で出塁して足がかりを作ると、一気に7得点を奪い試合を決めた。投げては先発の千賀が7回を1失点に抑える好投。緊張の初戦・先発の役割を果たした。
 
 両チームの採点は次の通り。

スポンサードリンク

1 2 3