データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





王者・広島、下克上阻止へキーマンは? DeNA、さらなる躍進へエース攻略がカギ【セCSファイナル展望】

プロ野球は18日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが始まる。セ・リーグは、広島東洋カープ対横浜DeNAベイスターズの2年連続同一カード。DeNAの3位からの下克上はあるか。注目の対決だ。

2017/10/18

text By

タグ: , , , , , , ,



広島・野村攻略がDeNA打線のカギ

 広島とDeNAの対戦成績は12勝13敗。マツダスタジアムでは広島が2つ勝ち越しと、両者に大きな差はない。DeNAはファーストステージを雨の中で戦った疲労が危惧されるが、若いチームに火がついた印象はある。
 
 ポイントに挙げたいのは、広島のエース野村祐輔とDeNA打線。広島の田中広輔、そして両チームのクローザーだ。
 
 1戦目の先発は今季15勝の薮田和樹との予想だが、これは勝っても負けてもさほど影響はない。しかし、2戦目の先発が予想されるエース野村祐輔が粉砕となると、話は別だ。
 
 DeNA打線は、広島の投手陣をそれほど苦にしていない。
 
 左投手がほとんどいないために、打線が組みやすいのだ。阪神戦のように打線を左右交互に組む必要がなく、作戦面も思い切っていける。2番の梶谷隆幸の調子がいいから、波に乗っていけるだろう。
 
 しかし、野村だけは一筋縄でないかない。
 
 DeNA打線の得手不得手が極端に分かれる投手だ。ロペス、筒香嘉智、倉本寿彦は前者、桑原将志や梶谷、宮崎敏郎は後者だ。野村はコースをついていく精密機械のようなコントロールの持ち主だから、広いマツダスタジアムでこそ投球が生きる。
 
 仮に2戦目に先発するとしたら、大きなターニングポイントになる。野村で勝ちがつけば、広島がファイナルを優位に進めることになるだろう。一方、DeNAが野村を打てば、CS突破の機運を高めることになるはずだ。そのためには筒香の活躍は不可欠で、主砲が打てば打線も乗るだろう。
 
 ラミレス監督は1年を通して、打線にアグレッシブなアプローチをするように指示してきた。制球のいい野村に対して、1年間の取り組みを示す機会と言える。1戦目の結果次第では、打線の組み替えも大いにあり得る。

スポンサードリンク

1 2