データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





荒木大輔、ドラフト1位の肖像#1――高校1年、早実に背番号11のエースが誕生した理由

2017/10/24

text By

タグ: , , , , , ,



「調布リトル」で世界一

 荒木大輔が最初に憧れた選手は二人の兄だったという。
 
 荒木は1964年5月、東京都調布市で生まれた。父親は工務店を営んでおり、二人の兄がいる。
 
 まず6歳年上の長兄、隆志がリトルリーグ「調布リトル」で日本選手権で優勝、台湾で行われた極東大会に出場している。荒木は両親たちと羽田空港まで見送りに行った。『JAPAN』と書かれた帽子を被った兄の姿が眩しかったという。
 
「そもそもは飛行機に乗りたかった。親にお兄ちゃんは何で飛行機に乗るのって聞いたら、練習、試合を頑張ったからって。野球を頑張れば、飛行機に乗れるのかって、思ったんです」
 
 この頃はまだ1ドル360円の時代であり、国外旅行は憧れの世界だったのだ。
 
 小学2年生のとき、荒木は兄たちと同じように「調布リトル」に入っている。リトルリーグは9歳からという年齢制限があった。7歳の荒木は練習生として特例を認められたのだ。
 
「兄貴と一緒に遊びたい、遊んでもらいたかった。そこから始まっているんです」
 
 調布リトルは300人ほどの子どもが所属していたという。
 
「上の方のクラスはポジションが決められますけど、ぼくが最初入った頃は、じゃんけんをして勝った順にポジションを取っていく。ぼくはピッチャーを希望して、負けるとサード、ショート、セカンドっていう風に回される」
 
 このとき、4つ年上、次兄の健二はレギュラーとして試合に出ていた。
 
「バリバリの中心選手でした。打って守れて、肩が強い。家で短パンとかはいているでしょ、子どもながら兄貴の筋肉と自分のが違うのが分かる。兄貴の脚を触りながら、どうやったらこんな風になるんだろうって思っていました」
 
 荒木は同級生と比べて躯が大きく、早くから飛び抜けた存在だったという。
 
「兄貴と対等にやりたい、兄貴に追いつきたい。それだけでした。生意気ですけれど、同級生とは話にならなかった」
 
 荒木は小学5年生のときから投手兼三塁手として先発の座を掴んだ。このときすでに身長は157センチもあった。
 
 そして小学6年生の夏、日本選手権で優勝、グアムで行われた極東大会に進んだ。この極東大会でも優勝を飾り、ペンシルバニア州ウイリアムスポートで行われた世界大会に出場している。
 
 途中で立ち寄ったニューヨークで荒木はマンハッタンの高層ビルに圧倒された。そしてマクドナルドのハンバーガーが美味だったことを覚えているという。
 
 世界大会ではやはり投手兼三塁手として登録。投手としての登板は投球制限があり、準決勝のプエルトリコ代表戦のみ。この試合で荒木はノーヒットノーランを成し遂げている。決勝でも勝利し、「調布リトル」は世界一となった。

スポンサードリンク

1 2