データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





西武VS楽天、互いに持つ勝利への“答え”。ガチンコ対決の行方を占う一戦の記憶【パCSファースト展望】

プロ野球は14日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが始まる。パ・リーグは、最大11ゲーム差を逆転して2位でCSを決めた埼玉西武ライオンズが本拠地メットライフドームに東北楽天ゴールデンイーグルスを迎える。

2017/10/13

text By

タグ: , , , , , , ,



息詰まる投手戦の様相

 両者の対戦は8月1日から9月14日まで西武が1分けをはさんで10連勝と楽天を圧倒。しかし、シーズン最後の直接対決で連敗は止めた。西武の勢いが続くのか、楽天の逆襲か。注目の戦いとなる。
 
 1、2戦の先発ははっきりしている。西武は初戦が菊池雄星、2戦目に十亀剣、楽天は則本昂大と岸孝之で臨むだろう。
 
 西武・菊池は楽天戦8戦全勝。十亀も最終登板では惜敗したとはいえ、相性がいい。一方の楽天は、エース則本と西武からFA移籍した岸の2人で勝負をかけるということだ。
 
 顔ぶれを見ると、投手戦の予感が漂う。しかし、どちらかと言えば、投手戦に持ち込みたいのはむしろ楽天のほうだろう。
 
 西武は菊池が楽天に全勝しているから投手戦でも問題はない。一方の楽天は終盤の打線の湿り方からしても、追いかける展開は極めて厳しい。則本と岸の2人は7回まで最少失点で抑える展開に持ち込まなければいけない。いかに西武打線を抑えるかだ。

スポンサードリンク

1 2 3