データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ついに本気のヤクルト、広島連覇の立役者を獲得へ。宮本慎也に加えサプライズ人事なるか

今季、球団ワースト記録を更新する96敗を喫した東京ヤクルトスワローズ。現状を打開すべく、来季の新体制構築が急ピッチで進められている。小川淳司氏と宮本慎也氏らOBに加え、これまでは積極的に行わなかった外部から有能な指導者を招へいする考えがあるようだ。

2017/10/10

text By

タグ: , , , , , , ,



“燕流規制”を大幅緩和、石井・河野両コーチ獲得へ

 いよいよ本気になったということか。
 
 東京ヤクルトスワローズの来季新体制が急ピッチで固められている。現シニアディレクターで前監督の小川淳司氏が新監督へ就任。さらに大物OBの宮本慎也氏もヘッドコーチとして4年ぶりに古巣へ復帰することが正式に決まった。
 
 今季は球団ワースト記録を更新する屈辱の96敗を喫し、ダントツの最下位に沈んだ。さすがに危機感を覚えた上層部は小川氏のプッシュもあって、一時軋轢もウワサされた宮本氏の招へいを二つ返事で容認するなど、それまで頑なだった“燕流レギュレーション”を大幅に規制緩和した。
 
 これだけに留まらず、ヤクルトはさらなるサプライズへと動き出していた。広島東洋カープから今季限りで電撃退団することが決まった石井琢朗打撃コーチと河田雄祐外野守備走塁コーチのダブル獲得を目指し、水面下で調査中というのだ。
 
 しかも複数のメディアで「濃厚」と報じられており、広島のポストシーズンでの戦いが終了次第、ヤクルト側から正式に発表されそうな雲行きとなっている。つい数週間前までは正直予想も出来なかったような流れが今、現実に起こって具体的に固まりつつあるのだ。
 
 ここまで石井コーチも河田コーチも家族を東京近郊の実家に残し、広島での単身生活を営みながら黙々とコーチ業を続けている。しかし2コーチは退任発表会見でも述べたようにチームが球団史上2度目のリーグVを果たしたことで、ある程度の役目を終えたと感じたようだ。これからは家族となるべく離れ離れにならない生活スタイルに戻りたい。
 
 そういう2人の希望を叶える受け皿として東京の神宮球場を拠点に置くヤクルトが名乗りを上げたのである。

スポンサードリンク

1 2 3