データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ソフトバンク、“お得意様”との連戦で優勝へ! 好調オリ打線は食い下がれるか 【9月13・14日パ展望】

福岡ソフトバンクホークスのマジックは「4」。最短での優勝は14日となる。9連勝と安定しており、本拠地で得意のオリックス・バファローズを相手にしっかり勝ち切りたい。好調打線のオリックスはどこまで食い下がれるか。

2017/09/13

text By

タグ: , , , , , ,



1位 ソフトバンク - 4位 オリックス ヤフオクドーム 15勝5敗

 初戦先発はソフトバンクがバンデンハーク、オリックスが金子千尋と発表されている。
 
 バンデンハークは前回登板のオリックス戦で6回を持たずに降板、対するオリックスの金子も同じゲームでうまく乗り切れずに、7回途中で降板している。互いに気持ちが入っているはずだ。ともに打線が好調なだけに、1球のコントロールミスさえ許されない。ソフトバンクの2戦目は中田賢一になるだろう。CSの先発枠を競う大事な登板になる。
 
 ソフトバンク打線は安定している。明石健志、今宮健太の1、2番がしっかり仕事を果たし、4番・柳田悠岐、5番・デスパイネのどちらかが走者をかえす。松田宣浩の状態がここへきて上がってきているのも効いている。隙のない打線で得点を重ねていきたい。
 
 一方のオリックスは、後半に入ってから好調打線を維持している。主軸を打っている吉田正尚、ロメロ、T-岡田が絶好調。間に入るマレーロも怖さがある。いかに彼らの前に走者を貯めるかだが、今季不調の西野真弘の状態が少しずつ上向いてきた。レギュラー定着を狙う大城滉二らがしっかりチャンスメークできるかが鍵になる。このままやられっぱなしでシーズンは終えられない。

スポンサードリンク