データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





首位ソフトバンク、ロッテ相手にエース級3連発。投打に磐石で一気にM減狙う【9月8~10日パ展望】

首位・福岡ソフトバンクホークスは敵地に乗り込んで、最下位の千葉ロッテマリーンズと対戦する。先発ローテーションを考えれば、3連勝の可能性も高い。ロッテは意地を見せられるか。

2017/09/08

text By

タグ: , , , , , , , , ,



6位 ロッテ ― 1位 ソフトバンク(M10) ZOZOマリン 6勝15敗

 ソフトバンクの初戦先発は東浜巨が上がる。現在、リーグトップタイの14勝と好調をキープ。最多勝のタイトルを獲るためにもこのまま突っ走りたい。2戦目は千賀滉大、3戦目は和田毅が予想される。相手に寸分の隙を与えない、盤石の先発投手陣といえるだろう。
 
 打線は本塁打・打点の2冠を争う、4番・柳田悠岐と5番・デスパイネの存在が大きい。柳田のフルスイングに恐れれば、デスパイネが控え、デスパイネを警戒すれば、前の柳田にフルスイングされる。
 
 出塁率の高い中村晃、2番ながらしっかりと振ってくる今宮健太もチャンスメークをしてくれるだろう。他にも明石健志、上林誠知ら巧打者がそろっている。
 
 ロッテはCS進出の可能性すら消え、すでに来季を見据えた育成段階に入っている。勝敗を度外視した戦いばかりではファンにそっぽを向かれる。しかし、若い選手が躍動していれば、そこまで問題にはならないはずだ。
 
 先発は初戦が酒居知史、2戦目が涌井秀章、3戦目が二木康太と予想する。涌井はベテランだが、酒居と二木の2人は来年以降のローテーションを担うべき投手だ。ソフトバンクを相手にどこまでのピッチングができるか、相手に嫌なイメージを植え付けたい。この3年で経験を積み重ねてきた二木には、質の高いピッチングが求められる。
 
 打線の方は1、2番を打つ荻野貴司が好調を維持している。7日の試合ではチームが4安打完封を食らう中、最終回に長打で出塁するなど仕事を果たしている。
 
 鈴木大地、角中勝也が3、5番を打っているが、理想は彼らが脇役に回るチームだ。中村奨吾や高濱卓也などを重要ポストで起用したい。正捕手候補の田村龍弘も下位打線に甘んじてはいけない。
 
 二遊間の守備力も課題だ。7日の西武戦のように併殺を何度も逃すチームにならないようにしたい。

スポンサードリンク