データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



楽天VS西武、終盤戦の鍵握る3連戦! ゲーム差1.5の2位争い【8月29~31日パ展望】

2位・東北楽天ゴールデンイーグルスと3位・埼玉西武ライオンズによるし烈な争いとなる。ゲーム差1.5の注目の3連戦だ。楽天、西武ともにあまり調子はよくない。総力戦でどうものにしていくか。シーズンを大きく左右する戦いになりそうだ。

2017/08/29

text By

タグ: , , , , , , ,



初戦先発は楽天・塩見、西武・十亀

2位 楽天 ― 3位 西武 Koboパーク宮城 7勝11敗
 
 両チームの先発は、楽天が塩見貴洋、美馬学、安樂智大、西武は十亀剣、岡本洋介、菊池雄星と予想する。2週間前にも同カードは対戦しており、初戦で先発する塩見、十亀がローテーションに戻ってきた形だ。
 
 楽天の塩見は7月の西武戦は5回4失点で降板している。今後の登板を増やすためにも、ここはしっかりとゲームメイクしたい。美馬と安樂は、前回の西武戦で好投しながら粘り負けただけに、相当な気合を入れてくるだろう。
 
 打線は2年目のオコエ瑠偉が好調だ。ここ数試合は1番に入り、いい流れを作り出している。2番を茂木栄五郎にするか、ペゲーロにするかが悩みどころだが、ウィーラーの調子がよくないだけに、1~3番で果敢に攻めていきたい。初戦の十亀は右サイドだが、左打者より右打者が鍵を握る。
 
 3戦目の菊池にはやられっぱなしのため、ポストシーズンを考えれば一つでも土を付けたい。
 
 西武は初戦の十亀が鍵を握る。腰を痛めて2軍で調整していたが、期待されての復帰登板になる。今後の戦い方を含め、ローテーションを固めていきたいチーム事情を考慮すれば、カード頭で流れを作りたい。
 
 2戦目の岡本は前回登板で9失点して初黒星を喫した。その後だけに大事な登板だ。菊池は2段モーションの反則宣告から3戦目。どう立て直してくるか。彼の胆力が試される。
 
 打線は若さをウリにしているが、ここ数試合はやや元気がない。最多安打を争う秋山翔吾、浅村栄斗は打順を並べたい。外崎修汰、山川穂高らが自信をつかみかけているが、やはり主軸には顔の効く打者を置いておきたいところだ。メヒア、栗山巧、森友哉をどう起用していくか注目だ。