データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





パは東浜でなく西武・菊池。菅野とともに隙ない“3つの要素”。野手は文句なしの桑原&秋山【データで選出7月月間MVP】

7月度の日本生命月間MVPは、野手は秋山翔吾(西武)と桑原将志(DeNA)が選出された。上位争いに加わろうとするチームを支えたバットマンが選ばれた格好だ。投手は東浜巨(ソフトバンク)と菅野智之(巨人)が選出。菅野は5月度に続く2度目の選出となり、大型連敗やGMの辞任、コーチングスタッフの入れ替えなど波乱のシーズンを送るチームにあって好調をキープしている。今月もデータに主眼を置いた別角度からの評価で、7月に最も大きな貢献を果たしていた選手をチェックしていきたい。

2017/08/11

text By

photo

DELTA

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



奪三振、与四球、打球管理の3つの要素で隙のなかった菊池、菅野

 投手の評価には、奪三振、与四死球、被本塁打、ゴロかフライかライナーかといった打たれた打球の種別から算出する推定失点率tRA(true Run Average)、どれだけ多くの量を投げたかの投球回で、質と量の両面から貢献を計る。
 

 
 1位は菊池雄星(西武)と菅野智之(巨人)となった。20%弱が平均となるK%(奪三振割合)、10%弱が平均となるBB%(与四球割合)、50%弱が平均となるゴロ率の3つの要素ですべて平均より優れた数字を残している。ほとんど隙のない投球だったといっていいだろう。特に菊池のK%(36.6%)は圧巻である。多和田真三郎(西武)も3つの要素で優れた数字を残しバランスのいい貢献を見せた。両者は力強く追い上げを図っている西武のエンジンを担っている。
 
 セ・リーグ3位のマイルズ・マイコラス(巨人)も3つの要素で菊池や菅野に劣らぬ数字を残したが、2被本塁打がマイナス要素となった。図内のHR/9は被本塁打を9イニングあたりの本数に換算した数字だ。マイコラスと千賀滉大(ソフトバンク)は他投手に比べ被本塁打を多く許してしまった。こうした評価法では被本塁打は投手の責任が非常に大きい考えるため、やや評価を下げる形となった。

スポンサードリンク

1 2 3 4