データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





首位に「-0.5差」のソフトバンク、オリと好調打線対決【8月1~3日パ展望】

オリックス・バファローズは前節、後半戦初勝利と勝ち越しを首位・東北楽天ゴールデンイーグルスから挙げた。上位を狙うには2位・福岡ソフトバンクホークスを叩いておきたい。一方のソフトバンクは連戦と移動の疲れもあるが、首位奪還に向けてここは負けられない。

2017/08/01

text By

タグ: , , , , , , , ,



打線好調の両チーム、先発陣はSBに軍配か

4位 オリックス - 2位 ソフトバンク 京セラD 4勝9敗
 
 両チームの先発はオリックスがディクソン、松葉貴大、山崎福也、ソフトバンクは石川柊太、バンデンハーク、東浜巨となりそうだ。初戦のディクソンはソフトバンク戦の勝利がなく、石川は7月4日のゲームで7回を0点に抑えている。先発陣の顔ぶれはソフトバンクに分がある。
 
 そう考えると、好調のオリックス打線が強力・ソフトバンク打線にいかに対抗するかが鍵になる。ロメロ、マレーロの両外国人が変わらず好調をキープしている。吉田正尚も状態は良く、小谷野栄一、中島宏之は甘く行くと長打が出る。打線の組み方は重要だ。吉田を1番に起用しているが、ロメロとマレーロとは近いところで打たせたい。2番マレーロも名案だ。
 
 ソフトバンク打線は内川聖一、川崎宗則の離脱を感じさせない好調ぶりだ。2番・今宮健太の状態が上がっているのが大きい。繋ぐだけではなく、出塁、決定打も打てる。柳田悠岐や中村晃へのいいつなぎを果たしている。相手投手陣を序盤から粉砕してゲームを決め、救援陣の負担を軽くしたい。

スポンサードリンク