データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ヤクルト、2戦連続巨人に1点差勝利! ドラ2ルーキー・星はプロ初先発6回2失点

2017/04/30

text By

タグ: , , , , , ,



 東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツが、30日に神宮球場で行われ、3-2でヤクルトが接戦を制した。
 
 ヤクルトはプロ初先発となるドラフト2位ルーキー・星知弥投手、巨人は内海哲也投手による投げ合いで始まった試合は、ヤクルトが初回に内野ゴロの間に1点を先制。
 
 援護をもらった星は3回、1死一塁から自らのけん制悪送球で二塁へ走者を進めてしまうと、直後に坂本勇人内野手が放った打球をショートの大引啓次内野手が痛恨のエラー。二塁走者の生還を許し同点とされる。
 
 4回にも小林誠司捕手の今季初打点となるタイムリーヒットを浴びた星だったが、その後2イニングを無失点で抑えて、プロ初先発を6回99球、被安打5、与四球2、奪三振4、失点2という内容で終えた。登板後、星は「初回は少し力んでしまったが、その後は中継ぎの時のように1人ひとりコースを意識した投球ができました」と話している。
 
 星の好投に応えたい打線は6回、1死一、二塁からウラディミール・バレンティン外野手がレフト前タイムリーヒットを放ち同点とし、まず星の負けを消す。さらに、7回には1死一、三塁のチャンスで坂口智隆外野手がタイムリー内野安打を放って3-2と勝ち越しに成功した。
 
 星の降板後、リリーフはジョシュ・ルーキ、石山泰稚と繋ぎ、9回はクローザーの秋吉亮が無失点に抑えて試合終了。ヤクルトは2日連続で1点差ゲームをものにし、この巨人との3連戦を2連勝で締めくくった。
 
 一方、敗れた巨人は先発の内海が6回2失点と試合を作るも、打線にあと一本が出ず、守備でも判断ミスが見られるなど攻守のわずかな隙が致命的となった。

スポンサードリンク