データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【30日のパ・リーグ試合結果】Lウルフ・西武移籍後8連勝、H松田今季初本塁打、E森原プロ初勝利

2017/04/30

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



〇西武2-1ロッテ●(メットライフドーム)
 
 西武が投手戦を制し、連敗を4で止めた。西武先発は開幕3連勝中のウルフ、ロッテ先発・唐川で始まった試合は、投手戦の様相を呈した。
 
 試合は3回に動いた。3回裏、二死から秋山が今季5号となるソロ本塁打を放ち、1点を先制。その後も源田、浅村、中村の3連打で1点を追加した。
 
 投げては、先発・ウルフが69球で7回を2安打、2奪三振、無四球、無失点の快投。完封ペースだったが西武は8回からシュリッターを投入。シュリッターも1イニングを9球で三者凡退に抑える好投を見せた。9回は守護神・増田が細谷のソロ本塁打で1点を失ったが、後続を抑え試合を締めた。ウルフは今季負けなしの4勝目をマークし、昨季の移籍から8連勝を記録している。
 
 ロッテは7回2失点と好投した先発・唐川を援護できず、連勝とはならなかった。
 
〇ソフトバンク2-1オリックス●(京セラドーム大阪)
 
 ソフトバンクが終盤に二発の本塁打で逆転に成功し、白星を掴んだ。
 
 プロ初勝利を狙うオリックス先発・山岡、ソフトバンク先発・寺原は両投手一歩も譲らない投げ合いを見せたが、先制点を奪ったのはオリックスだった。
 
2回、無死からT-岡田、中島が連打で出塁しチャンスを作ると、モレルの遊ゴロ間に一死1・3塁とし、駿太の二ゴロ間にT-岡田が生還し1点を先制した。
 
 山岡は毎回走者を背負うも、要所を締め6回無失点で降板。後続にプロ初白星を託したが、救援陣が誤算でまたもプロ初勝利はお預けとなってしまった。
 
 7回、2番手で登板した吉田一が二死から松田に今季1号となるソロ本塁打を浴びてしまい、試合を振り出しに戻されてしまい、山岡のプロ初白星を消してしまった。
 
 そして、9回には4番手・平野が先頭のデスパイネに痛恨のソロ本塁打を被弾してしまい、1点の勝ち越しを許してしまった。
 
 その後、9回裏は守護神・サファテが登板。サファテは危なげない投球で三者凡退に抑え、試合を締めた。
 
 オリックスは救援陣が二発の本塁打に泣き、またも好投した山岡に白星をつけることが出来なかった。
 
〇楽天2-1日本ハム●(札幌ドーム)
  
 日本ハム先発・メンドーサ、楽天先発・岸は共に好投を見せた試合は、8回まで互角の戦いを繰り広げたが、楽天が9回に日本ハムのミスにつけこみ白星を手にした。
 
メンドーサは6回途中1失点、岸も7回1失点と試合を作り、その後は後続の救援陣が好投を見せていたが、試合は9回に動いた。
 
 9回表、日本ハムは5番手に守護神・増井を投入。しかし、増井は先頭の岡島に安打で出塁を許し、続く藤田に犠打を決められ一死2塁とピンチを作る。そして、代打・聖澤の打球を二塁手・大累が悪送球。その間に岡島は生還し、ミスで勝ち越し点を献上してしまった。
 
 9回裏は守護神・松井裕が登板。松井は危なげない投球で中田・レアード・田中を三者凡退に抑え試合終了。2番手で好リリーフを見せた森原がプロ初勝利を手にし、松井は今季10セーブ目を上げた。
 
 日本ハムは9回に大累の痛恨のミスが生まれ、同一カード3連勝とはならなかった。

スポンサードリンク