データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



8連敗中の日ハム、打開策はどこに? 好調・西武の課題は“6番以降”【パ第8節展望】

プロ野球は第8節を迎える。昨季覇者の北海道日本ハムファイターズが、24日現在で8連敗中と絶不調だ。前節の3試合目から中田翔内野手が戦列復帰したが、今カードは打棒爆発となるだろうか。

2017/04/25

text By

タグ: , , , , , , , , ,



ロッテは前戦タイムリーなしで勝利

1位 楽天 ― 5位 ロッテ 東京ドーム、Koboパーク宮城 2勝0敗0分
 1戦目が東京ドーム、2戦目が仙台と変則的な2連戦となる。 
 
 首位を走る東北楽天ゴールデンイーグルスは週末の試合で福岡ソフトバンクホークスに勝ち越し、貯金を順調に重ねている。次週には今のところ上位につけているチームとの対戦があるだけに、今週の4試合は確実に勝っておきたい。
 
 初戦の先発は辛島航が上がる。前回登板の埼玉西武ライオンズ戦では、6回無失点の好投で今季2勝目を挙げた。キレのあるストレートを両サイドのコーナーに投げ分ける圧巻のピッチングだった。今回も続けたい。2戦目は則本昂大だろう。前回登板でストレートのキレが戻ってきた。期待していいだろう。
 
 打線は、茂木栄五郎、岡島豪郎ら好調をキープしている。2番カルロス・ペゲーロはやや落ち着いてきた印象だが、ゼラス・ウィーラーが調子を上げ、今江年晶が復帰、ジャフェット・アマダーに一発も出始めた。左右のバランスもよく、怖い打線になっている。序盤に大量点を奪って千葉ロッテマリーンズを意気消沈させたい。
 
 ロッテは23日の試合で何とか勝利を拾ったが、タイムリーなしの2得点にとどまっており、厳しい状況は変わらない、
 
 初戦の先発は西野勇士が上がる。これまで2試合に先発して1勝1敗とまずまずのピッチングを続けている。WBC日本代表の石川歩が不調で2軍再調整中であるだけに、カード頭でしっかり役目を果たしたい。2戦目はジェイソン・スタンリッジになるだろう。少しずつ調子を上げてきている。すっきりとしたピッチングを見せたい。
 
 打線は、ここ数試合は1番荻野貴司を固定してきた。まだ出塁率は低いが、荻野が出ると形ができるだけに継続したいところだ。新助っ人マット・ダフィーの状態がやや上向きつつある。捕手を田村龍弘から吉田裕太へ変更、23日は効いたが、田村の強肩や状況に応じたバッティングも捨てがたい。投手によっても変わるだけに、伊東勤監督がどう選択するか注目したい。

スポンサードリンク

1 2 3
shiro