データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【4月22日のデーゲーム結果】西武・DeNAは大勝、オリックスは接戦制す、阪神キラー田口好投

2017/04/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



〇DeNA11-4中日●(横浜スタジアム)
 
 DeNAが一発攻勢で試合の主導権を握り、その後も小刻みに得点を加え続け快勝した。1点ビハインドの2回に戸柱の2点本塁打。桑原の3点本塁打で逆転に成功すると、3回には筒香と戸柱の適時打で2点、4回にも満塁のチャンスで筒香が適時打を放ち2点を追加した。そして、6回には梶谷にダメ押しの2点本塁打が飛び出し、試合を決めた。
 
 中日は先発・若松が3回7失点と炎上。その後の小川、福谷も2失点を喫してしまい、相手に試合の主導権を握らせてしまった。また、この敗戦で中日は開幕から19試合連続で先発投手に白星なしとなっており、歴代単独ワースト2位となった。
 
〇巨人4-1阪神●(東京ドーム)
 
 阪神キラーの田口が好投を見せ、チームを勝利へ導いた。田口は初回に福留の適時打で1点を失うも、2回以降は連打を許さず阪神打線を沈黙させた。そして、打線が田口の好投に応えた。3回に坂本の逆転2点適時打、7回には立岡の適時打、8回にはマギーのソロ本塁打が飛び出し、3点のリードを奪った。
 
 田口は7回1失点という内容でしっかりと試合を作り降板。その後は、マシソン、カミネロが1イニングずつ無失点に抑え、試合終了。阪神につけ入る隙を与えなかった巨人が勝利を収めた。
 
 阪神は投打に振るわず、連勝とはならなかった。
 
〇西武9-1日本ハム●(メットライフドーム)
 
 西武が2日連続の大勝を収めた。西武打線は4回まで日本ハム先発・有原の前に1点に抑えられていたが、5回に打線が爆発し、一挙8得点のビッグイニングを作った。
 
投げては、先発・野上が7回無失点の好投。2番手・福倉は源田の失策もあり1点を失ったが、2イニングをなんとか抑えゲームセット。西武は3連勝を飾った。
 
 日本ハムは有原が5回に突如調子を乱し、昇格したばかりの2番手・石井裕も西武打線の勢いを止められず、試合を壊してしまった。打線も終盤にチャンスを作ったものの、相手の失策による1得点に留まり、拙攻が目立った。有原は4敗目を記録し、日本ハムは今季初の7連敗となった。
 
〇オリックス4-3ロッテ●(ZOZOマリンスタジアム)
 
 オリックスが接戦を制した。5回終了時では2-3とロッテがリードしていたが、6回以降、西の力投にオリックス打線が応え逆転に成功した。
 
6回、先頭のT-岡田が涌井からソロ本塁打を放ち同点に追いつくと、7回には宮崎、ロメロの安打などでチャンスを作ると、小谷野が値千金の勝ち越し適時打を放ち1点のリードを奪った。
 
 前回登板で今季初完封を上げたオリックス先発・西は8回123球3失点の熱投を見せ、9回は平野が1四球を与えながらも無失点に抑え、オリックスは5連勝を決めた。
 
 ロッテは涌井が序盤のリードを守り切れず、5連敗となった。

スポンサードリンク

shiro