データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





破竹の10連勝。王者・広島が止まらない。メッセへのリベンジでさらなる連勝街道へ【セ第5節展望】

開幕から2週間が経ち、14日から5節目に入る。セ・リーグの今カードは、今季開幕カードでビジターだったチームの本拠地で行われる。広島東洋カープは開幕戦で黒星を喫したものの、以降11試合は負けなしと昨季からの勢いそのままだ。今節初戦、カープはランディ・メッセンジャー投手に仕返しができるだろうか。

2017/04/14

text By

タグ: , , , , , , , , ,



DeNAは本拠地で今季初の勝ち越しを目指す

5位 DeNA ― 4位 ヤクルト 1勝2敗0分 横 浜
 
 3連敗はないものの、勝ち越したカードがまだない横浜DeNAベイスターズ。
 
 初戦の先発は、ジョー・ウィーランドだ。前回登板では、勝ち投手の権利を得た直後の6回に、読売ジャイアンツの阿部慎之助に2ランを打たれて同点としてしまった。今節は権利を手にしてから、より一層気を引き締めて来日初勝利をマークしたい。また、クローザーの山崎康晃は、13日には3失点で敗戦投手となるなど、きっちり三者凡退に抑える姿をホームではまだ見せていない。自身も楽しみにしているという「ヤスアキコール」を全力でしてくれるファンのためにも、完璧なピッチングを披露したいところだ。
 
 梶谷隆幸は前節の阪神タイガース戦でバックスクリーン直撃のホームランを放つなど好調だ。11試合終了時点で打率.347、3本塁打、9打点をマークしている。アレックス・ラミレス監督は開幕前に「(梶谷は)今季は大きく飛躍する。トリプルスリー達成する」と予言していたが、この調子でいけばあり得なくはなさそうだ。
 
 東京ヤクルトスワローズは連敗を6でストップした。ここから連勝といきたい。
 
 初戦は石川雅規がマウンドに上がる。同カードの開幕戦では6回を2失点に収めて白星を挙げた。ゲームメイクができていない先発が多いだけに、お手本となるピッチングをしたいところだ。秋吉亮が好調だが、まだシーズンははじまったばかり。前半で飛ばしすぎないようにさせたい。
 
 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場した山田哲人、ウラディミール・バレンティンの不調が少し心配だ。二人ともWBC疲れが出ているのかもしれないので、一度スタメンから外してみてはどうだろうか。

スポンサードリンク

1 2 3