データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





大谷不在の日ハム。主砲・中田の離脱危惧も高梨の“好物”打線で連敗ストップを狙う【パ第4節展望】

プロ野球は11日から4カード目に入る。北海道日本ハムファイターズは5日の試合から5連敗と不調だ。そこに追い打ちをかけるように、大谷翔平投手が左大腿二頭筋肉離れとインフルエンザで戦列離脱。また、中田翔内野手も右内転筋筋挫傷により今節からは状態を見ての出場と心配が絶えない状況だ。果たして、日本ハムは連敗から脱出できるのか。今節も注目だ。

2017/04/11

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



2番・ペゲーロが好調

1位 楽天― 4位 西武 13勝11敗1分(昨季) 郡山、Koboパーク宮城 
 
 東北でのデーゲーム2連戦だ。7勝1敗と首位の東北楽天ゴールデンイーグルスは、このまま突っ走りたいはずだ。星を五分に戻した埼玉西武ライオンズは一気に貯金を増やしたい。
 
 ホームの楽天は、初戦の先発に辛島航を送り出す。前回登板のオリックス・バファローズ戦では6回途中まで2失点に抑え勝利投手になっている。本人は6回を投げ切れなかった反省をこの試合に生かしたいはずだ。2戦目は、通常ならエースの則本昂大だろう。昨季の西武戦防御率は2.06と好成績をマークしている。しかし、楽天は今週末が北海道日本ハムファイターズ戦で、次週は福岡ソフトバンクホークス、次次週も日本ハム戦だ。いまのうちに昨季の1、2位を叩きたいと考えたら、則本を金曜までずらせば、則本、岸孝之のローテを3週組める。どう決断するか。
 
 打線は「2番・ペゲーロ」が機能しているが、今節も継続するか。今江年晶が離脱している分、左打者偏重だが、前半までに相手投手を捉えたい。
 
 西武は前節ソフトバンクに連勝し、勢いに乗る。初戦の先発は多和田真三郎が上がる。前回登板では4回6失点で負け投手になった。チームに期待をかけられているだけに、2試合目の登板はしっかりと締めたいところだ。2戦目は高橋光成だろう。前回登板は、6回途中1失点にまとめたが、7四球と球数も多かった。相手打線には左打者が多いだけに、先発陣が粘って、勝負所で武隈祥太を投入する展開に持っていきたい。
 
 打線の方は長打だけでなくつなぎができるのが今年の強みだ。1番の秋山翔吾の状態が上がってきたのが大きい。屋外での2試合となるが、ディフェンス面をしっかり締めたい。

スポンサードリンク

1 2 3