データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オリックス新外国人コーク、6回まで無安打無得点で来日初勝利。チームは4連勝で貯金1

2017/04/08

text By

タグ: , , , , , , ,



 北海道日本ハムファイターズ対オリックス・バファローズが、8日に京セラドームで行われ、オリックスが8-1で快勝し、4連勝を飾った。
 
 試合は、オリックス先発の新外国人フィル・コーク投手が圧巻の投球を見せる。初回を三者凡退に抑えると、そこから6回まで無安打無失点。4回以外、イニングの先頭打者を確実に打ち取るなど安定していた。7回に代打の横尾俊建内野手にライト前ヒットを許したが、後続を打ち取り無失点。7回を被安打3、与四球2、奪三振4、無失点の内容で来日初勝利を挙げた。
 
 また、打線も活気が溢れた。初回にステフェン・ロメロ外野手、中島宏之内野手のタイムリーヒットで3点を先制。その後も着実に得点を重ね、7回にはロメロの4戦連発となる第4号2ランホームランでダメ押しした。12安打と8得点は今季最多となった。
 
 一方の日本ハムは、初回に3番指名打者で先発出場した大谷翔平投手がショートゴロで一塁を駆け抜けた際に左ハムストリング(太もも裏)に違和感を覚えて交代。その他の選手も、コークの前に6回までチャンスらしいチャンスを作れず、9回に1点を返すのがやっとだった。
 
 勝利したオリックスはこれで4連勝。投打にそれぞれ活躍が見られ、開幕3連敗と躓いた分を取り返している。

スポンサードリンク

shiro