データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【里崎智也×ザック生馬特別対談】侍JAPANへの提言#1 小久保野球の発信を!「監督のやりたい野球が見えてこない」

 2017年は第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開催される。  侍JAPANは2013年の小久保裕紀監督の就任以降、「世界一奪還」を目標に掲げ、かつてないほどの強化試合を繰り返してきた。しかし、2015年のプレミア12では3位。昨年終盤の強化試合では3勝1敗と勝ち越したものの、脆さを露呈した。本当にこのままで侍JAPANは、世界一奪還を果たすことができるのだろうか。  今回は新春企画として、鋭い視点を持つ2人の識者による対談を実現。第4回WBCを最高の形で締めくくるために、何が必要なのか。深く切り込んでもらった。  第1回WBC優勝メンバーのひとり里崎智也氏と独自の奥深い観察眼から取材を続けるザック生馬氏。スポーツライター・氏原英明が司会を務め、二人に熱く語ってもらう4回連載だ。

2017/01/02

text By

タグ: , , , , ,



メジャー組の参加はチームにとって大きなプラス

――第1回のとき、選手たちは「スモールベースボール」を意識していたんですか。

里崎 結果論かもしれないけど、当時の三冠王だった松中さんがホームラン0なんです。僕は松中さんが徹したんちゃうかなって思うんです。当時の松中さんは松井秀喜さんに匹敵するくらいの存在感があった。その人がホームラン0で打率が4割。大きいのを捨てて、チーム打撃、出塁することに特化して、自分のスタイルを曲げてチームに貢献した。その結果としてホームランが0だったと思うんです。
 
ザック ただ、方針がみえないのは分かりますけど、なぜ、この選手が選ばれないのかという疑問はありますよね。例えば、僕は中村晃選手と角中選手は絶対にいれるべきだと思う。強化試合では打てる人がたくさんいるのに、つながりが良くありませんでした。ビッグイニングでドカンと点は取りましたけど、保てない。シングルでもいいし、ツーベースでもいいし、連打して、相手を粉々にできる選手が日本にはいると思うけど、選ばれている選手に一発タイプが多すぎる。中村選手や角中選手は三振が少なくてフォアボールが多い。インプレーにできる。そういう人たちが1、3塁の形を作れるはずだし、打線に入るとつながると思う。中村選手はスタメンに入っているべき選手ですよ。
 
里崎 サッカーのオシム監督がいっていたように、水汲みの選手がいるわけです。
 
ザック 2009年の亀井善行選手は不思議なチョイスじゃないですか。ひとりだけ、監督が使いやすく「申し訳ない」という起用ができた。中島卓也選手がプレミア12ではそういう存在だったのかな?
 
里崎 中島はファール王ですよね。WBCには球数制限があるから、中島がファールばっかり打ったら、相手投手の投げる機会が減ります。一人で10球打ってくれたら、それだけでイニング数が1回減ったりする。相手のエースを早くに降板させるいい選手ですよね。
 
――しかも、彼は、二塁も遊撃手もレギュラーとして守ったシーズンがある。

里崎 あのスローイングなら、サードもできると思う。どこでも守れる、足もある、ここ一番での代走に使える。あるいはスタメンで出して、エースを早めに降板させて、その後はお役御免で、打つ選手にスイッチしてもいい。彼がいれば、チームの意志が伝わりやすい
 
ザック 相手のリリーフだって、30球を超えたら連投できなくなるわけですから。
 
――先行発表をしたことはいかがですか? 個人的には投手だけでもすべて発表するべきと思います。

里崎 メジャー組の返事待ちでしょう。
 
ザック そんなにメジャーの選手に頼るべきものなのかなと思い始めたりするんです。
 
――実際、メジャーの選手の存在は貴重ですか。

里崎 僕の時はイチローさんと大塚さんだけだったんですけど、イチローさんはスーパースターで、日本球界にはイチローさんよりすごい人はいないわけですから、ありがたかった。大塚さんは守護神でしたけど、一ついえるのは、WBCはボールが違う。投手にメジャー組がひとりいるのは貴重です。
 
――といいますと。

里崎 滑るボールの扱い方、裏テクニックを伝達できる。WBCのボールは滑るし、少し大きくて重い。強化試合では扱えなかった投手が多くいました。そういうときに、扱いやすくする方法「こういうテクニックあるよ」と伝えられる人がいるのといないのとでは天と地ほどの差がある。今のチームには、監督・コーチでWBCを経験した人が一人もいない。ピッチャーで、メジャーを経験した人はいない。誰が伝えるの?となった時に、メジャーの選手が一人でも入ってきたら、アドバンテージになる。
 
ザック ただ投手となるとメジャーの球団も嫌がりますからね。
 
里崎 岩隈やダルビッシュは世界一になっていますよね。1度世界一になった選手がリスクを冒して出る可能性は低いですよね。
 
ザック 里崎さんがいうように、コツを教えてくれる選手がいればね。
 
里崎 黒田博樹さんにアドバイザーになってもらうのもアリと思う。メジャーを経験しているし、今は引退している。ボールの扱いや心構えを伝えるために、コーチにならなくても、アドバイザー的な感じでメジャー球の使い方を教えてほしいとお願いするのも面白いと思います。

 

里崎智也(さとざき・ともや)
1976年5月20日徳島県生まれ。鳴門工(現鳴門渦潮高)、帝京大学を経て、98年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズを逆指名して、入団。03年に78試合ながら打率3割をマークし、レギュラー定着の足がかりをつくる。05年は橋本将との併用ながらも、日本一に貢献。06年にはWBC日本代表として世界一にも輝いた。持ち前の勝負強さで数々の名シーンを演出。00年代の千葉ロッテを牽引した〝歌って、踊って、打ちまくる〟エンターテイナーとして、ファンからも熱烈に支持された。14年限りで現役引退。現在はプロ野球解説者・評論家を務める傍ら、TV番組にも多数出演。
 
ザック生馬(ざっく・いくま)
1974年12月23日東京都生まれ、北米在住25年(トロント、ニューヨーク、フィラデルフィア)。ペンシルベニア大学学士号を習得。三桂事務所所属スポーツキャスター2016年スポナビライブ ニュースMC、実況(DeNA、中日&MLB戦)を務めた。過去には2015年UStreamドラゴンズライブTV、 2013-14年『FOX SPORTSジャパン』千葉ロッテマリーンズ リポーター 2007-13年日本テレビ「オードリーのNFL倶楽部」も担当した。

1 2



  • 記者募集