データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





『オリジナル曲で勝負。パ6球団のコラボも注目』BsGirlsスペシャル座談会2016~ROAD to オリックス劇場~

1月8、9日にパ・リーグ ダンスフェスティバル(オリックス劇場)、9日の夜には2回目となるオリックス劇場単独公演を控えたオリックス・バファローズ球団公式ダンス&ヴォーカルユニットBsGirls。この座談会収録の2日後、18人のメンバーのうち12人が今年度の活動をもって卒業することが電撃発表された。今回の座談会に参加してくれたCHAL、MAFU、LUNA、REIKAの中からも、リーダーのCHALを除いた3人が卒業を表明。卒業発表直前の彼女たちに話を聞いた。 (収録日/12月19日)

2016/12/30

text By

photo

どら増田

タグ: , , , , , , , , , , ,



BsGirlsの2016年はみんなで作りあげた

――2016年のBsGirlsは4月にシングル『Go up!』を発売してスタートしたわけですが、昨年のシングルとの違いはありましたか?

LUNA(以降L) 1stシングルと2ndシングルに比べたら、明るい感じになったと思いますね。

――『Go up!』は本来BsGirlsが追求していた、カッコ良さが前面にでてましたよね?

L はい。明るい曲だけど、攻めているというイメージはありますね。

――LUNAさんは自分の作品(作詞を担当)がCDになっていかがでした?

L 不思議な感じでしたね。私は初めて作詞をしたんですけど、この曲を作るまでの2年間で、野球から学んだことを盛り込めたらなと思って書きました。

BsGirls_LUNA

――MAFUさんはカップリング曲の『With』を作詞されました。CD屋さんに自分が書いた曲が入ったCDが置かれたのを見ていかがでしたか?

MAFU(以降M) 私はBsGirlsに入る前から、独学で作詞をしていたので、いつか世にでたらいいなという気持ちがあったんですよ。その夢がここで叶えられて、すごくうれしかったし、ファンの方から言われたのが、いままではメロディとか、雰囲気で好きな曲はあったけど、歌詞を改めて見ることはなかったそうなんです。でも、メンバーが作詞をするようになったから歌詞を見るようになったと言われて、すごくうれしいなと思いました。

――MAFUさんはどんな気持ちで詞を書かれたんですか?

M 詞を書くときは基本的に早いんですよ。2回にわけたりしちゃうと書けなくて、私は一気に書いちゃうんですよ。『With』は夢がテーマなんですが、先に仮歌が入った曲を聴いて、曲の雰囲気とかを感じながら連想する言葉がでてきたりとか、自分の夢に対する想いとか、BsGirlsのことや、オリックス・バファローズが優勝に向かっていくことなどを全部含めて書きました。あまり悩むことはなかったですね。

――他の3人は2014年の優勝争いを知ってますが、MAFUさんは2015年からのメンバーですから、チームが苦しいときしか知らないんですよね。

CHAL(以降C) 私たちは2014年を知っているので、大丈夫でしょというのがあるんですよね。

M 私はBsGirlsに入るまで、野球のことはルールも分からないくらい全然知らなかったし、2014年にオリックスが2位だったということも、知らないまま入ったんで、2015年からのバファローズしか知らないんです。

C 私は逆に2014年からなんで、強いイメージしかないんですよ。

L そうそう。

C 2014年は勝ちSKYしかやらなかったんですよね。

L ホントそんな感じでした。

【次ページ】メンバーが好きなユニフォームは?

スポンサードリンク

1 2 3 4 5