データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



新球場構想、国際戦略……日本ハムの挑戦は新フェーズへ。「巨人」「大リーグ」との新しい距離感【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#45】

年末に北海道日本ハムファイターズから大きなニュースが2つ飛び込んできた。

2016/12/28

text By

タグ: , , , , , , ,



示唆に富む、村田透の獲得

 日本球界には「反・巨人」の物語が定型として息づいていて、それは「都落ちした三原脩さんが西鉄ライオンズで巨人を打倒する」だったり、「同じく広岡達朗さんが西武ライオンズで巨人を打倒する」だったり、「同じく王貞治さんがダイエー(ソフトバンク)ホークスで巨人を打倒する」だったりした。僕は巨人っていう権威を打倒しなきゃならない限り、構造は変わらないんじゃないかと思っていたのだった。

 で、今、「巨人」と「大リーグ」という外部の権威とどう折り合いをつけているかというと、ファイターズはたぶんプロ野球でいちばん積極的に交流をはかっている(!)。友人は「いちばんのビジネスパートナーだよねぇ」と目を丸くしていた。『あぶさん』的なパリーグは過去のものになった。

 うちの方針は「巨人」も「大リーグ」も、人的資源はじゃんじゃん活用すべしってところなのだ。その意味で(「巨人」でもあり「大リーグ」でもあった)村田透投手の逆輸入は非常に示唆に富んでいる。村田透投手は「都落ち」でもなければ、「古巣への怨念」を晴らすわけでもない。また「本場アメリカ」の伝道師というのでもない。フツーに戦力として期待されての契約なのだ。先発の一角に食い込んでくれればいい。

1 2 3



  • 記者募集