データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カープ・ドラフト3位、中部学院大・床田寛樹がプロを明確に目指すと誓った日――「今永さんのような選手に勝ちたい」

広島東洋カープドラフト3位で入団するのが、中部学院大・床田寛樹だ。

2016/12/14

text By

photo

尾関雄一朗

タグ: , , , , , , , , , ,



球速ではなく、球質で勝負

 子どもの頃から、プロ野球選手が夢だった。しかし、その気持ちを確固たるものにする出来事もあった。大学2年の秋、明治神宮大会での駒澤大との試合だった。のちに横浜DeNAベイスターズに入団し1年目から8勝を挙げる今永昇太と投げ合った。このとき、床田のハートに新たな気持ちが芽生えた。
 
「こういう選手がプロになるのだろう。こういう人に勝てるようになりたい。その先に(次の)ステージがあるのだろうと思いました」
 
 球速だけではない。空振りの奪えるストレートに衝撃を受けた。球の質なのである。
「僕はシュート回転するので、球速は速くても打たれていました。しっかりスピンをかけて伸びのあるボールを投げられるようにしたいと思いました」
 
 あまりに多くのことを吸収した4年間だった。中部学院大はユニフォームも赤が基調なら、アルファベットのCのマークも入っている。「それだけにすんなりチームに入っていけるでしょう」と原監督も目を細める。
 
 次なる舞台はプロ野球だ。これだけ成長できる男が、プロの環境でどれだけ進化するのか、想像するだけでも楽しみは尽きない。
 
「まだまだ細い。プロの世界でおいしいご飯を食べれば、もっといい球を投げられるようになるでしょう」(原監督)
 
 指導者は次なるのびしろに思いを馳せながら、教え子をプロの世界に送り出す。

1 2