データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



楽天ドラ1・藤平尚真、ノムさん以来の19番。セでは1年目から5人が活躍した背番号も、パリーグは?

東北楽天ゴールデンイーグルスにドラフト1位指名された藤平尚真(横浜高)は、背番号19に決まった。

2016/12/08

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



セでは野村、山﨑、石川が新人王に。高卒では藤浪が2ケタ勝利

 今年のドラフト会議で指名された選手たちの新入団発表会が各球団で行われている。東北楽天ゴールデンイーグルスにドラフト1位指名された藤平尚真(横浜高)は、背番号19のユニフォームで来季プロとしての第一歩を踏み出す。最速152キロの直球が武器の右腕は、1年目から活躍が期待されている。

 楽天の背番号19は創設1年目の05年に川尻哲郎(阪神~近鉄)が着け、その後06年に就任した野村克也監督が4年間背負った番号だ。19番は野村監督が現役時代にも着けていた番号で、一と十の位を足して10になる自身の“ラッキーナンバー”としていた。

「生涯一捕手」を掲げる野村監督の19番だが、現在の球界では主に先発投手が着ける背番号として定着している。ここでは、背番号19を着けている現役選手たちの1年目の成績を各球団別に紹介する。まずはセリーグからだ。

◆セリーグで19番を背負う現役選手の1年目の成績

野村祐輔(広島)
12年 27試合 9勝11敗 防御率1.98
当時の獲得タイトル:新人王

菅野智之(巨人)
13年 27試合 13勝6敗 防御率3.12

山﨑康晃(DeNA)
15年 58試合 2勝4敗37セーブ 防御率1.92
当時の獲得タイトル:新人王

藤浪晋太郎(阪神)
13年 24試合 10勝6敗 防御率2.75

石川雅規(ヤクルト)
02年 29試合 12勝9敗 防御率3.33
当時の獲得タイトル:新人王

吉見一起(中日)
06年 4試合 1勝0敗 防御率2.70

 セリーグを見てみると、1年目から結果を残した選手たちが5人。新人王を獲得したのは広島東洋カープの野村祐輔、横浜DeNAベイスターズの山﨑康晃、東京ヤクルトスワローズの石川雅規の3人だ。山﨑は昨季、ルーキー最多記録となる37セーブを挙げる活躍を見せた。

 石川は1年目に12勝を挙げてから5年連続(02年~06年)で2ケタ勝利を記録。昨季は史上48人目となる通算150勝を達成している。巨人の菅野は1年目に13勝を挙げてから3年連続2ケタ勝利。14年は防御率2.33で最優秀防御率のタイトルを獲得。同年は12勝(5敗)を挙げてリーグ優勝に貢献。MVP、ベストナインにも輝いた。

 藤平と同じく高卒の阪神タイガース・藤浪晋太郎は、1年目の13年に10勝(6敗)を挙げると、14年は11勝(8敗)、15年は14勝(7敗)と3年連続で2ケタ勝利を達成。高卒新人の3年連続2ケタ勝利は、西武時代(99年~01年)の松坂大輔(現ソフトバンク)以来14年ぶりの記録で、球団では67年~69年の江夏豊以来46年ぶり2人目の快挙となった。また、15年には221奪三振を挙げて、最多奪三振のタイトルを獲得している。

 広島25年ぶりのリーグ優勝に貢献した野村は、今季16勝を挙げて初の最多勝と勝率1位、そしてベストナインに輝いた。中日ドラゴンズの吉見一起にしても1年目はわずか1勝に終わったが、11年に最多勝と最優秀防御率の2冠を獲得するなど活躍。19番を背負うセリーグの選手たちは皆、球界を代表する投手として成長していった。

スポンサードリンク

1 2
shiro