データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





桜美林大・佐々木を競合の末に獲得したロッテ。即戦力重視のドラフトに伊東監督「今いる選手にいい刺激を与えられれば」

2016年のドラフト会議で、投手7人、捕手1人、外野手1人の合計9人を指名した千葉ロッテ。今回の指名について、伊東監督は「90点から100点に近い」と評価している。

2016/11/05

text By

タグ: , , , , , , , , ,



「来季終了時点でチームがうまくいっていれば問題ない」

 1位は、BCリーグの石川ミリオンスターズで18番をつけていた安江嘉純が指名された。球種は、カーブ、スライダー、カットボール、フォークがある。小林敦担当スカウトは、「インパクトでしっかりと腕が振れるタイプで、横の揺さ振りにフォークを織り交ぜ、幅広い投球ができる先発型投手」とコメントしている。育成指名だが、粘り強くあきらめず、チームのキーマンとなる存在になれるか。

 育成2位は、外野手の菅原祥太(日本ウェルネススポーツ大)。体重95キロとロッテが指名した選手の中で最重量だ。担当スカウトの諸積氏は、「体が大きく、狙い球を絞ってしっかりと振れる打撃が魅力の選手で、脚力、肩もあり、鍛えれば柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)を彷彿とさせるような存在になる」と評価している。

 現在チームには、パワーヒッターと呼べる外野手が手薄なだけに、支配下へのチャンスは少なくないはずだ。将来的には、大きいあたりがほしいときに代打で登場する、そんな選手になってほしい。

 以上、高校生2人、大学生3人、社会人3人、独立リーグ1人の9人を“補充”したロッテ。来季すぐにローテ入りが可能の即戦力投手を獲得できた点は、良かったと言える。

 ただ、一つ苦言を呈すれば、もう少し野手に目を向けても良かった。
今季は、代打が井口資仁と福浦和也のみ、髙濱卓也や中村奨吾が不調で三塁が固定できないという時期があった。来季も同じ状況に陥った場合、代打でも使えるチャンスに強いパワーヒッターが補強できなかったことは、課題として残りそうだ。
 
 裏を返せば、今季開幕戦で適時打を放った井上晴哉、今年1月下旬に捕手から外野手に登録変更した肘井竜蔵らに、その課題は委ねるということになるが、「来シーズンが終わった段階で、チームがうまくいっていれば問題ない」と伊東監督はチームの底上げに期待している。

 また、伊東監督は「今いる選手たちにいい刺激になるような即戦力の選手を何人か指名できた。90点、100点くらい」と総括した。昨季のドラフト指名選手から1軍に定着したのは関谷だけだったが、今年の即戦力を重視したドラフトからは多くが来季の戦力となっていることを期待したい。

スポンサードリンク

1 2 3