データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



5年、10年後のチーム編成から予測。球団補強ポイントに合致する2016年ドラフト候補 

いよいよ20日にドラフト会議が行われる。12球団はどの選手を指名するのか。そこでベースボールチャンネルでは、各球団の現状の課題と5年後、10年後のチーム編成を予測した上で、勝手ながら指名を推薦したい選手をまとめてみた。

2016/10/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



20日、プロ野球新人選手選択(ドラフト)会議が行われる。

カテゴリー問わず、投手に好選手がそろうのが今年の特徴だ。
今年の目玉として注目される田中正義(創価大)は何球団の指名を受けるのか。あるいは、高校BIG4のうち何人が1位指名を受けるのか、非常に楽しみだ。

ベースボールチャンネルでは、昨年にひきつづき、各球団の指名予想ではなく、現有戦力や育成方針を加味した中で、各球団がどの選手を指名すべきなのかを提言したい。

ドラフトとは”team”の骨格を作る一番大事な作業だ。チーム作りとは何か。今年は5年後10年後の独自のローテーション、オーダー予想を立てながら、各球団の補強ポイントを探っていく。年齢は、2016年誕生日での満年齢を表記した。

<セリーグ>

中日ドラゴンズ

補強ポイント 即戦力投手/野手全般/高校生投手

投手陣は左右、年齢層ともバランスが取れている。今季はルーキーの小笠原慎之介が活躍したが、今いるメンバーが順調に育てば、5年後の心配はない。思い切って高校生投手の指名に踏み切ることもできそうだ。むしろ、高齢化が著しいのは野手陣だ。今オフFA資格を持つ平田良介、大島洋平の残留も未確定なため、現有戦力において5年後すら描けない実情だ。これは、ここ数年、社会人指名が増えたことの影響だろう。したがって高校・大学ともに、野手は多めに獲っておく必要がある。今年は投手が豊作年だが、思い切って野手指名に踏み切るべきだろう。投手は数が揃っており、またリーグ最下位だったため、2巡目でも比較的好投手を狙える可能性が高い。そう考え、地元の野性味あふれるショートストップ、吉川尚輝(中京学院大)を薦めたい。もっとも、今季苦しかったように、即戦力投手は獲得しておくという発想も間違いではない。投手は球速よりコントロールを重視する方針から柳裕也(明大)合致しそうだ。

中日ローテ

5年後大野はFA移籍(メジャー)と予測。

中日オーダー2
東京ヤクルトスワローズ

補強ポイント 左腕投手/外野手

昨年のリーグ覇者も今年は5位に転落。けが人が続出し、投手陣の崩壊が低迷の原因だ。攻撃陣はけが人が出ても補えた投手陣は、まったく機能しなかった。現有戦力の底上げを目指しつつ、即戦力、高校生ともに探っていきたい。
しかし、このチームには高校生の投手を育成する能力はに疑問符がつく。むしろ、結果が出ていない事例が多い。特に投手は左腕の層が薄く、そこを狙いたい。濱口遥大(神奈川大)が、今のヤクルトには適任だ。もしも高校生で左腕を狙うという算段なら、安定感のある大学生の柳裕也(明大)を狙いつつ、2巡目で堀瑞輝(広島新庄)を指名するというのも手だ。投手以外では外野の層を厚くしたいところだ。したがって今年はできれば2、3巡目以降に外野手を指名したい。鈴木将平(静岡)、細川成也(明秀日立)、下位で佐藤拓也(立教大)を狙うのもありだ。

ヤクローテ

ヤクルトオーダー

 

阪神タイガース

補強ポイント 左腕全般/高校生捕手/右の長距離打者

金本新体制のもと、「超変革」を目指してきたこともあって将来は明るい。先発ローテーション、スタメンオーダーとも、5年後までが描ける。スタメンは10年後の上位打線が決まるくらいだ。これだけ順調なら、即戦力を慌てて獲る必要はない。報道などでは、田中正義(創価大)、佐々木千隼(桜美林大)の指名が有力視されているようだが、ここは“高校BIG4”を狙いたい。地元の星・寺島成輝(履正社)が適任だ。数年後に、大阪のスターが他球団で阪神を牛耳るのも見たくない絵だ。また、やや中継ぎの左が欠けているが、そちらは2位以下で狙いたい。土肥星也(大阪ガス)、高橋拓巳(桐蔭横浜大)らがいい。また寺島のライバル・高山優希(大阪桐蔭)との両獲りできたら夢のような話だ。

阪神ローテ

阪神オーダー

 

横浜DeNAベイスターズ

補強ポイント 高校生右腕/ホームランバッター/中継ぎ投手/高校生捕手

ローテーション、スタメンオーダーとも、素晴らしいくらいに将来像が描けている。これは高田GMをはじめとして、近年のドラフト戦略がうまくいっていることの証だろう。近年、大学・社会人の投手を指名してきたが、ここら辺りで高校生投手の指名に踏み切りたい。山口俊のFA移籍の可能性を残すが、終盤戦はローテーションに入った三嶋一輝や国吉佑樹の復調など、現有戦力で埋めていき、将来を見据えたい。そう考えると、地元の彼しかいないだろう。1998年のドラフトで松坂大輔(ソフトバンク)を逃して18年。その年に生まれた横浜の剛腕を獲るのが必然だろう。藤平尚真しかない。2位以下で即戦力のスラッガータイプの打者と中継ぎの厚みを目指したい。スラッガータイプなら細川成也(明秀日立)、大山悠輔(白鴎大)あたりか。

DeNAオーダー

DeNA

※梶谷、筒香はFA移籍(メジャー含む)の可能性を予測。

 

読売ジャイアンツ

補強ポイント 即戦力投手/左の中・長距離打者/外野手

若い世代に投手が多く、一見、野手陣の高齢化を検討したいところだが、投手は、内海哲也、大竹寛、杉内俊哉の年齢を考えると、即戦力投手を取っておきたい。先発陣もいないが、頼りになる中継ぎも不在で、リリーフ適性のある選手の指名を検討しなければいけない。理想は中継ぎやセットアッパーの可能性の見える即戦力の先発投手だ。適任は山岡泰輔(東京ガス)になる。思えば、2013年のドラフトで、東京ガスの石川歩(ロッテ)を抽選で外したのは痛手だった。同じ東京ガスの好投手でリベンジといきたいところだ。上位で投手陣を多めに指名し、下位で野手を狙うのが得策だ。鈴木将平(静岡)は3位以下に残ってない可能性は高いが、田城飛翔(八戸学院光星)、大学生なら森山恵佑(専修大)らか。

巨人ローテ

巨人オーダー

 

広島東洋カープ

補強ポイント 左腕投手/高校生捕手/右の中・長距離打者

2016年の覇者は投打ともに若い世代が充実しているといえる。地元重視のドラフト戦略から山岡泰輔(東京ガス)に指名に踏み切るのは間違いではない。黒田博樹の引退で穴も空く。しかし、投手の層を見ていくと右投手が多く、左腕投手は中継ぎも含めて少ない。ここは来季、ウイークポイントとなって他球団は対策を練ってくるはずだ。そこを考えると左腕投手の指名に踏み切りたい。寺島成輝(履正社)、高橋昂也(花咲徳栄)、堀瑞輝(広島新庄)、古谷優人(江陵)らだ。寺島以外の3人は2位以下で指名できる可能性はあるので、先に山岡を行くという手もあるが、セの覇者である分、指名順が後になる。内気な性格だが、職人気質の高橋なら広島に合うかもしれない。次の補強ポイントとしては若い捕手が欲しい。高校生の捕手・九鬼隆平(秀岳館)、古賀優大(明徳義塾)、坂倉将吾(日大三)ら……長距離も打てる野手では石垣雅海(酒田南)らも狙いたい。

広島ローテ

広島オーダー訂正

菊池は将来的なFA移籍(メジャー)と予測。

【次ページ】パリーグ

スポンサードリンク

1 2
shiro