データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



2016年ドラフトの一推しは田中正義より柳裕也、高校生は今井達也より藤平尚真【小宮山悟の眼】

10月20日、2016年のドラフト会議が開催される。今年もハイレベルな選手がそろっている。

2016/10/20

text By

photo

高木遊

タグ: , , , , , , , , ,



評価が分かれる田中正義

 もし私が、ある球団のドラフト指名選手を決定する立場にあるなら、即戦力投手の明治大学・柳裕也を1位指名したい。
 
 柳の長所は欠点がないところだ。スピード、コントロール、変化球の精度。そのすべてが既にプロのレベルにある。牽制球やクイックモーション、フィールディングを苦手にしているようにも映らない。1年間、先発ローテーションの一員として投げさせれば、10勝前後の勝ち星を挙げるだろう。
 
 メディアで、今ドラフト最注目と評されている田中正義(創価大)は、どうしても今年の春にケガをしたキャリアが気になってしまう。あくまで個人的な考えなので、田中には気を悪くしないでもらいたいし、その実力も認めている。ただ、右肩を負傷した経歴のある投手を獲得するリスクは大きいと思う。
 
 高校生投手も魅力があるように映るが、成長分という期待は、言い換えれば未確定のリスクだ。それらの条件を鑑みて、私が指名を決定する立場なら、柳の確実性を選択するだろう。
 

マリーンズはぜひ藤平1位指名を

 最後にさらに個人的な見解を一つ。私の古巣ロッテにはぜひ、藤平を1位指名してほしい。なんといってもマリーンズジュニア出身だ。横浜高の先輩であるエース涌井も在籍している。地元のスター候補の獲得を目指すべきだ。
 
 ここまで名前を挙げた選手の他にも、山岡泰輔(東京ガス)、佐々木千隼(桜美林大)など、好投手が目白押し。ここまで粒がそろうと、どの球団も1位指名の競合を避けて一本釣りをしたいはずだ。
 
 各メディアで流れる指名方針もそれほどあてにはならない。どの球団も、当日まで他球団の出方をうかがう、そんな目を離せないドラフトになるだろう。

小宮山悟(こみやま・さとる)
 
1965年、千葉県生まれ。早稲田大学を経て、89年ドラフト1位でロッテ・オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)へ入団。精度の高い制球力を武器に1年目から先発ローテーション入りを果たすと、以降、千葉ロッテのエースとして活躍した。00年、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。02年はボビー・バレンタイン監督率いるニューヨーク・メッツでプレーした。04年に古巣・千葉ロッテへ復帰、09年に現役を引退した。現在は、野球解説者、野球評論家、Jリーグの理事も務める。

1 2