データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



4年連続一本釣りに成功したオリックスのドラフト戦略。前編成部長が描いたストーリーは引き継がれるか【どら増田のオリ熱コラム #86】

プロ野球ドラフト会議が20日、グランドプリンスホテル新高輪で開催された。オリックスは支配下9選手、育成5選手の計14選手を指名。1位では社会人ナンバー1ピッチャー山岡泰輔の単独指名に成功するなど、福良淳一監督も「満点」と評価した今回のドラフトを指揮した加藤康幸前編成部長や、瀬戸山隆三前球団本部長、福良淳一監督の言葉とともに検証したい。

2016/10/29

text By

タグ: , , , , , , , ,



下位指名の注目は3位岡崎、9位“二刀流”根本

 2巡目の指名は、パリーグ最下位から始まるウェーバーだったため、オリックスに優先権があった。つまり、1位指名の12人に次ぐ良い選手を選択することができたわけだが、そこでオリックスは立正大学の投手、黒木優太を指名した。福良監督は「黒木は1位で消える可能性があるとのことだったので、残ってて良かった」と評価が高かったことを明らかにしている。上位2人は即戦力投手の指名となり、大成功だったといえるだろう。

 3位以下の指名を含めると、社会人3人、大学生2人、高校生4人を指名した。加藤氏に今年の注目選手を尋ねると、3位の岡崎大輔内野手(花咲徳栄高校)、9位の根本薫外野手(霞ヶ浦高校)と二人の名前を挙げた。

 岡崎には潜在能力を評価したのだと加藤氏は彼への期待をこう語る。
「宗との二遊間で切磋琢磨すれば、2018年~19年までには出てくる選手。花咲徳栄ではキャプテンだったので、将来チームを引っ張る存在になれる可能性を秘めている。打者としては左中間、右中間と扇の間に打てる能力があるので、二塁打が打てるバッター。宗が“強”なら、岡崎は“柔”という感じ。しなやかさがあるんですよ」。

 根本は、外野手としての指名だが、実は投手との二刀流を睨みながらの指名だという。
「彼は外野手なんだけど、実は二刀流で、ピッチャーとして獲ったんですよ。左のピッチャーを獲ってないようで、実は獲ってるんです。ピッチャーでいくのか、外野手でいくのかは、ファームで適正を見ていけばいい。ピッチャーなら2年先輩の斎藤綱記と同じ左腕として競っていけば、お互いの伸びしろが1.5から1.8に伸びるんですよね。野手としてなら、ウチは左投左打がT-岡田しかいないので、凄く楽しみな選手です」

1 2 3



  • 記者募集