データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【ドラフト交差点】父は甲子園優勝経験、高校日本代表の正捕手・九鬼隆平(秀岳館)。目標は「日本球界の屋台骨を支える」

2016年度のドラフト会議が20日に迫っている。この1年を振り返ると、様々な選手たちがドラフト戦線に名乗りを上げてきた。そんなドラフト候補たちをリポートする。今回は秀岳館の捕手・九鬼隆平だ。

2016/10/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



球界が待望してやまないタイプの捕手

 3年春夏の甲子園で、連続の4強入りを果たした秀岳館(熊本)。過去2度の甲子園で1勝2敗の成績にすぎなかった秀岳館を、全国屈指の強豪に押し上げた立役者は、攻守ともにチーム不動の要として君臨した捕手の九鬼隆平である。

 高校通算26本塁打。強烈なライナー性の打球を広角に、遠くまで飛ばすことができる強打者で、「返す打撃」「繋ぎの打撃」の引き出しも多く、確率も高い。また、4番打者としてチャンスを確実にモノにする勝負どころでの強さは、高校時代を通じて群を抜くものがあった。

 秀岳館では左右の個性豊かな投手陣を巧みな配球でリードし、相手の機動力を封じ込める二塁送球1.8秒の鬼肩が光った。間の取り方も絶妙で、今年8月のU-18アジア大会で高校日本代表にも選ばれ、正捕手として世代屈指の好投手をリードしている。日本球界が待望してやまない「打って守れる」右の大型捕手としての期待は、日に日に高まるばかりだ。

スポンサードリンク

1 2 3 4
shiro