データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





DeNA、痛すぎる“超便利屋”の離脱。CS突破へ、須田の穴をどう埋めるか

CS進出を決めているDeNAに衝撃が走った。これまで、チーム最多の62試合に登板したセットアッパーの須田幸太が負傷離脱した。「勝っていても、負けていても投げたい」と話していた献身は、DeNAの快進撃に必要なピースだった。

2016/09/27

text By

タグ: , , , , , , ,



「超便利屋になる」と宣言してチーム最多の62試合に登板した須田

 その瞬間、横浜DeNAベイスターズのファンならば驚きと焦りに駆られ「あっ!」と声を上げたにちがいない。

 9月24日、横浜スタジアムで行われた巨人との今シーズン最終戦。セットアッパーの須田幸太は7回2死1塁の場面でマウンドへ上がった。立ち上がり坂本勇人にフォアボールを与え2死1、2塁にすると、つづいて阿部慎之助を迎えた。

 一打勝ち越しという力の入るシチュエーション。ここで悲劇は起こった。初球を投げた瞬間、須田は左太もも裏に手を当て、まともに立っていられない状態に……。苦痛に顔をゆがめ、一見するかぎり攣ったというレベルではない。須田は、篠原貴行投手コーチとメディカルスタッフに肩を支えられながらベンチに下がり、緊急降板した。

 ラミレス監督が「非常に厳しい状況」と語るほどの症状。25日に出場選手登録を抹消され、チームとして初進出となったクライマックスシリーズへの出場は絶望的となった。須田は負傷後に「(29日の)番長の試合で投げたかったなあ……」と無念を露わにしている。

 ここまで須田はチーム最多の62試合に登板し、防御率2.68と上々の成績をあげ、ブルペン陣のリーダーとして存在感を示してきた。

 昨シーズンから中継ぎとして力を発揮しはじめ、今シーズンは開幕前に「超便利屋になる」と自ら宣言。その言葉通り、勝利の方程式はもちろん、同点やビハインドの場面でもマウンドに立ちつづけ、キレのあるストレートを武器に、度胸満点の投球でチームに活力を与えてくれた。

 公私ともに仲の良い田中健二朗との“左右リリーフ二枚看板”は、チームをCS進出へ導くにあたって、無くてはならない存在だったといっても過言ではないだろう。

スポンサードリンク

1 2 3