データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【9月9日埼玉西武対千葉ロッテBBC独自採点】西武・菊池が3年ぶりの完投。大阪桐蔭トリオ、3連続適時打で援護

埼玉西武が8-1で千葉ロッテを下した。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行った。

2016/09/10

text By

タグ: , , ,



西武・山川が2点先制本塁打を放つ

 西武が8-1で千葉ロッテに快勝した。

 

 試合は西武・菊池、ロッテ・関谷の先発で幕を切る。

 

 西武は2回裏、2死2塁から、8番・山川が左翼スタンドに飛び込む本塁打を放ち2点を先制。その裏に1点差とされるが、5回裏に呉、秋山の安打で好機を作ると、浅村、中村、森の大阪桐蔭トリオで3連続タイムリー。一挙4点を追加した。さらに7回にも、途中出場の木村が今季初打点となる2点適時打を放ち、ゲームを決めた。

 

 投げても先発の菊池が3回に1点を失うものの、5併殺を記録するなど、9回を6安打1失点に抑える好投。3年ぶりの完投勝利を挙げた。

 

 ロッテは、2番の大嶺翔と下位打線の根元が2安打を放ったものの、つながりを欠いた。先発の関谷は調子が悪くなかったが、5回に集中打を浴びてしまった。

 

 試合後、西武・田邊監督は「先制、中押し、ダメ押しといい形で攻められた。雄星も今日は剛じゃなくて、柔のピッチングを見せるいいピッチングだった」と評価した。

 

 3年ぶりに完投勝利を挙げた菊池は、精神性が良かった前回から技術面での成長を見せた。「(完投は)気持ちいいですね。前回、今季初めて森と組んだんですけど、今日まで色々話をして、カーブを使いたいと伝えました。森は、ブルペンで僕のカーブが抜けたりすると、試合では使いたがらないんですが、『修正するから』と伝えました。軸はストレートとスライダーですけど、うまくカーブを使えた」と手ごたえを感じているようだった。

 

 採点は以下の通り。

採点基準
8  シーズンに1試合あるかないかの活躍
7.5 突き抜けた活躍
7  勝利貢献度上
6.5 勝利貢献度中
6  勝利貢献度小
5.5 活躍した選手
5  可もなく不可もない
4.5 足を引っ張った
4  敗戦につながるミス
3.5 退場など試合を壊す

さらに現地取材の内容を加味します。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro