データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



リオ五輪、甲子園、イチローで押しやられても……地味な常連の世界で楽しむ、パ首位攻防戦【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#35】

リオ五輪、甲子園が間もなく始まる。同時期にイチローの3000本安打達成の可能性もあり、スポーツの話題はつきない。その中でプロ野球のパリーグは週末から首位攻防戦が行われる。

2016/08/05

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



週末は首位攻防戦

 で、何が言いたいかというと「ソフバンvs日ハム」の直接対決である。オールスター明け、三度目の週末決戦。空前の勝率で突っ走るソフトバンクを、ファイターズが必死に追いかける。今、パリーグで最も面白いカードだ。それが「イチローのメジャー3000本安打」と「リオ五輪」と「甲子園」にかぶってしまった。何だろうなぁ、このひっそりやってる感。密度の濃い名勝負が繰りひろげられても、どうせ両チームのファンしか見てない地味さ。
 
 だけど、この「東中野の雀荘」っぽい感じがプロ野球なのだ。オリンピック級の派手なスポーツイベントとぶつかると、その本質がわかる。能力の「最大瞬間風速」を競うオリンピックと比べると、こっちの業態は内向きだ。常連と打つ麻雀。先週の金土日、今週の金土日が(球場こそ違え)同じ「ソフバンvs日ハム」ということは、先発ローテーションのマッチアップも同じで、「その前と前回の対決を踏まえての今回」みたいなことになる。
 
 深掘りの世界なのだ。バッテリーと打者はずっと同じ顔ぶれで勝負する。何度もやるから「いつか大事な場面でカモるために(点差の離れた)今はエサを撒いておく」みたいなことが起きる
 
 僕はあるOB投手から「ニセのキラー」の話を聞いたことがある。その投手と相性のいい代打をねつ造(?)したらしいのだ。記者らにもわざと「顔を見るのもイヤだ」とコメントする。低めに放って、大ケガしない程度に打たせる。で、秋のビッグゲームで出てきてもらう。その打者には沈む球種をシーズンで一度も見せていない。のるかそるかの場面で「ニセのキラー」に死んでもらう。内野ゴロを打たせてゲッツーだ。
 
 だから、選手も観客も常連さんの世界なんだなぁ。常連度が高ければ高いほど奥行きがわかって面白い。直近のロッテ戦では「武田久vs福浦和也」の濃厚な戦いがあった。あれは泣けた。もうやってる双方も、見てる者も全員が常連さんの世界だ。あの数分間、野球は野球じゃなくなっていた。野球じゃなくて何なのかというと、たぶん近い概念は「ハグ」とか「暑中見舞い」とかそういうやつだ。
 
 まぁ、しばらくリオ五輪やなんかで、プロ野球はスポーツニュースの隅へ押しやられるだろう。それはそれでいい。次に水面に浮上したとき、意外とソフバンまでゲーム差詰まってないかなぁ。
 
「大谷翔平を日本シリーズへ!」異次元の活躍、日本球界の歴史に名を刻め【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#36】
 

1 2


  • 記者募集