データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



オリックス奥浪、”未来の4番”が一軍初昇格&初先発で即結果。課題の守備も改善【どら増田のオリ熱コラム #76】

12日のDeNA戦に敗れ借金が13に膨らみ、ついに最下位に転落してしまったオリックス。特に元気がなく貧打に喘ぐ打線は深刻で、福良淳一監督は思い切った血の入れ替えが必要と決断。14日の阪神戦でプロ3年目の奥浪鏡を初昇格させるとともに早速スタメンで起用した。

2016/06/15

text By

タグ: , , , , , ,



二軍ではチームトップの成績も守備が課題

「まだまだですね」

 昨年の秋季キャンプで一軍の練習に初めて参加したオリックス・バファローズの奥浪鏡に、調子について尋ねると苦笑いを浮かべながらこう話してくれた。

 昨年はファームで103試合に出場、打率が.244、8本塁打、50打点といずれもチームトップの成績を収めている。デビューイヤーだった一昨日もフレッシュオールスターで本塁打を放ち優秀選手に輝き、ファームでは64試合出場でチームトップの7本塁打を記録している。

 創志学園高校では高校通算本塁打71本のスラッガー。
 入団時から愛くるしい体型から繰り出される長打が魅力となり、ファンの間からは2年前から奥浪待望論が渦巻いていた。特に昨年は怪我人が続出したこともあって「奥浪を見たい」という声はとても多かった。

 それでも首脳陣が頑なに昇格させなかったのには理由がある。
 守備である。昨年は18失策を記録しており、当時の二軍関係者も「ようやく地に足がついた感じ」と語っている。

スポンサードリンク

1 2
shiro